EmEditor Freeを直接インストールできる簡単インストーラーを使った結果

公開日: : 最終更新日:2015/08/30 コンピュータ

emeditor

エムソフトのEmEditorFreeに「簡単インストーラー」が期間限定で公開されました。

シンプルで起動が早いテキストエディタとして、むかしから愛用しているEmEditorなんですが、Free版はインストールしてからダウングレードする必要があったり、ちょっと面倒でした。

それが今回、その面倒なステップを省略していきなりFree版として使用可能な状態にインストールしてくれるらしい「簡単インストーラー」が期間限定で公開されました。

むかしから愛用してるEmEditor

EmEditorは自分がインターネットを使い始めたころ、たぶん1998年頃から使っていると思います。ですが普段使っている中で不都合を感じたことがありません。テキストデータ以外にPerl、HTML、PHP、SQLのプログラミングで重宝していました。

不満と言えば、初期のころに比べて起動が遅くなったことくらいでしょうかね。昔のバージョンは起動から画面に表示されるまでタイムラグが無いと言っても良いくらいにキビキビしていました。

それに比べれば多少は遅くなりましたが、シンプルで使いやすいことには変わりません。これ以上のテキストエディタは多分vimくらいじゃないかと思います。一時期使おうとしましたが、Windows上でvimは使いづらくてEmEditorに戻ってきました。

簡単?インストーラー

下のリンク先にある「EmEditor Freeのダウンロード」をクリックするとOSが64bit版であることを判断してダウンロードが始まります。便利だなーなどと思いつつサクサクインストールをしました。さーて、Free版かな?と思い、バージョンを確認すると。

”EmEditor Professional(64-bit)”の文字が。
え?え?Free版になるんじゃないの!?

ダウンロードしたファイルはemed64_14.2.1_free.exeなのでたしかにFree版のようです。これでインストールするとFree版が直接入れられると思ったんですが…。
結局このファイルが「簡単インストーラー」なのか、わかりませんでした。

EmEditor Free簡単インストーラー

EmEditorをダウングレードする

結局、放置していたらダウングレードされたようです。古いバージョンでも不便がなかったので使っていませんでした。

さて、インストール後すぐにでもダウングレードしたい方もいるでしょうから、手順を残すことにしました。EmEditor Professionalは次の手順でFree版にダウングレードできます。

この方法か

  1. [ツール] メニューの [すべてのコマンド] を選択する
  2. [ダウングレード] を選択する

またはこの方法です。

  1. [ツール] メニューの [クイック起動] (Ctrl+Q) を選択する
  2. [ダウングレード] と入力して Enter を 2 回押す

方法 1 – 通常の EmEditor Professional/Free インストーラーをダウンロードしてダウングレード

スポンサーリンク
follow us in feedly

関連記事

コメントを残す

PAGE TOP ↑