発酵バターとは、何だ?

公開日: : 最終更新日:2015/11/09 食べ物・飲み物

偶然見つけた「発酵バター」の文字。初めて知って、すげぇ興味をそそられました。

さっそく調べてみると・・・

発酵バターと普通のバターの違い

ざっくり言うと、バターを作る工程はこんな感じです。

  • 生クリームを撹拌する
  • ひたすら撹拌する
  • 乳脂肪が固まったら水分(ホエー)を捨てる
  • できあがり

発酵バターを作るときには、材料に発酵させた生クリームを使ってバターを作ります。クセがありそうですけど興味をそそられます。発酵バター。

発酵させる条件によって香りとかコクとかに違いが出てくるものなのでしょうか。

発酵バターはどこで手に入るの?

結構いろいろなメーカーが販売してるんですね。

●明治
他のメーカーよりも風味と香りの強さが特徴。

●よつ葉
ほのかに酸味があって軽い口当たりが特徴。

●カルピス
よつ葉の発酵バターよりもさらに軽くさわやか。仕上げにカルピス特撰バターを使っているからか、やや白っぽい見た目。

●エシレ
1894年から続く、発酵バターの専門店。説明不要で美味そうです。

発酵バターはヨーロッパが本場

ヨーロッパの方では伝統的に無塩の発酵バターが主流なようです。
日持ちは悪いそうですが、バターの消費量が多いからできるんでしょうね。

焼き菓子やパンを作るときに発酵バターを使ってみたら違いが出るんでしょうか。
以前に自分でパンを焼いてみたら全く膨らまなかった前科があって、その後挑戦していません。普段とは違う風味とかコクとかになるのかな?

スポンサーリンク
follow us in feedly

関連記事

コメントを残す

PAGE TOP ↑