ガスコンロで使う家庭用のピザ釜の欠点とは?

公開日: : 最終更新日:2016/03/14 雑貨

pizza photo

「宅配よりも美味しいピザが、自宅で焼けたらいいだろうな」を実現するピザ釜があるのを知りました。ガスコンロを使って本格的なピザが焼けるので手軽でよさそうです。

ただし良いことばかりではありません。実際に使ったから分かる、いくつかの欠点もあります。

スポンサーリンク

使ってみたい!でもその前に知っておくこと

家庭用のピザ釜があることを「家庭のガスコンロで本格的なピザが焼ける「ピッツェリア」でピザをレストランのような焼き上がりにパワーアップさせてみた」で知りました。

家庭用ガスコンロでも300度でピザを焼くことができるそうです。家庭用のオーブンレンジでは「温める」に近い焼き方になってしまうので、本格的という文字に反応してしまいます。

宅配ピザを凌駕する焼き上がりが期待できる

使い方や焼きあがったピザの状態とかは元記事を見てください。表面には焼き色がつかないようなのですがちゃんと火は通るし、生地の焼き上がり具合は宅配ピザの比ではないようです。

この記事を見てたら、ピザ釜があったらいいなと思うようになりました

ピザ釜ブームでもきてる?高額なのに売り切れも!

ネックなのは値段です。約14,000円ということで「おっしゃ、いっちょ買ってみるか!」とはいえません。

楽天でも探してみたら、1,000円ほど安いのがありましたが売り切れ。そんなに売れてるの?ピザ釜が流行ってるの?

このピザ釜の欠点とは?

購入者の感想を見てみると、欠点のようなものが見えてきました。

  • 表面に焦げ目がつかない
  • 大きさの合わないコンロがある
  • 温度調節機能があると使えない
  • 独身者にはピザが大きすぎる
  • そもそも釜が大きい

温度調節機能があっても焼けたという人もいますが、温度を上げるまで時間がかかるようです。想像するに、火が弱くなったら点けなおすのを繰り返す必要があるのではないかと思います。

最大の問題点は窯の大きさ、収納スペースでしょう。どんなに美味しいピザが焼けるとしても、出しっぱなしにするほど頻繁に使うことはないですよね?

十分な収納スペースが確保できない、出し入れがスムーズにできない、なんてことなら押し入れの肥やしになるのが目に見えています。

スポンサーリンク

価格が半分程度のピザ釜を発見!

美味しいピザが焼ける魅力が数々の欠点を上回って「それでもやっぱりピザ釜がほしい!」となっても
、さすがに14,000円という金額には躊躇してしまう、そんな最後のひと押しがあると嬉しいんですが…。

決めかねている背中を押す最後のワンピース、値段がおよそ半値のこれだったらどうでしょうか。

同じような欠点がありますが、値段が安いという最大のメリットがあります。

実は一番よい使い方

ガスコンロで使える家庭用ピザ釜なのですが、じつはアウトドアに持ち出して直火にかけた方が美味いピザになるようです。

キャンプに限らず、庭でBBQしたりホームパーティを開く機会が多いなら持っていて損は無いでしょう。

ガスコンロでも予熱をしっかりすれば、短時間で何枚も焼けるのでピザパーティは余裕ですね。その点、単身者は厳しいです。1枚だけ焼きたい需要にはコストが高いでしょう。

でも半分の値段で買えるなら、宅配ピザを頼む回数が多いなら、記事から自分で作る苦労をしなくても、スーパーとかで買ってきて焼くだけの冷凍ピザや冷蔵ピザに切り替えたとして、元を取るのにさほど時間はかからないでしょう。

このピザ釜を使う以外に何か方法はないのか?そんなあなたには「家庭用ピザ窯を使わずに激うまピザが焼けるピザプレート」なんてどうでしょうか?

スポンサーリンク
follow us in feedly

関連記事

コメントを残す

PAGE TOP ↑