年賀状の写真がうざい理由と嫌われないアイディアとマナー

公開日: : 最終更新日:2015/12/08 行事

c4a87e080e234ca38f2ef6e12cbd7867_s

いままで「この年賀状をもらったら嫌な気分になる人がいる」と想像したことはありましたか?あなたのかわいい子供の写真を見て「新年早々気分を害された」なんて思う人がいるなんて信じられませんよね。

でもいるんです。もちろん楽しみに待っている人もいるし、パソコンソフトやプリンタも写真入り年賀状を簡単に作れるようにと年々改良されています。

ちょっとしたアイディアと心遣いで年賀状に写真が入っていても嫌がられたり、うざいとか思われずにすみます。どのようなところに注意すればよいのでしょうか。

スポンサーリンク

年賀状の写真がうざいと嫌がられる理由

写真入り年賀状をもらいたくない人にはこんな人たちがいます。あなたの知人友人、親戚の顔を思い浮かべてみましょう。

独身の人

ある程度の年齢にもかかわらず独身でいると、子供の写真や夫婦の写真を見て「結婚はまだか」と言われます。新年の親戚が集まっている席で言われた日には、怒りすら覚えるかもしれません。

普段ならそういった感情は言った人に向けられますが、この時ばかりは年賀状を送ったあなたに向けられる可能性が高くなります。

子供のいない夫婦

欲しくても子供ができない事情のある人もいます。体質的に難しく、それを周囲には秘密にしているという人もいます。そんな人たちが見たら「なんで私たちには子供ができないのだろう」とつらい気持ちにさせてしまうでしょう。

夫婦の仲が上手くいっていない

世間的にはよき夫婦を演じているのであなたは気づきもしなかったけれど、 実は家庭内別居中の仮面夫婦だった…なんて場合があるかもしれません。そんなところにあなたの夫婦円満、ラブラブな写真が届いたとしたら?そうでなくてもただの自己満足と受け止められている場合だってあるんです。

その他

受け取った側に特別な理由がなくても「そもそも写真いりの年賀状なんて、自己満足じゃね?」と感じる人だっています。あなたのことは知っていても、あなたの子供のことなんて何も知らなければ、よその子の写真を見せられても面白くもなんともない、という考えです。

年賀状に使う写真のアイデアは?

もちろんそんな人ばかりではありません。どこの子でも子供の写真を見るのは好きな人や友人の近況が知れて喜ぶ人だってたくさんいます。だからすべての写真入り年賀状がダメというわけではありません。

アイディア次第で不快に思われなかったり、喜ばれる場合だってあります。

近況報告に使う

家族のスナップ写真のようなもので作らずに、家族全員で写して「私たちは元気です」「家族が増えました」といった情報も伝えるようなものにすると良いです。写真の方が文字だけよりも一目見て伝わります。そのときには写真を年賀状一杯にするのではなく、小さめの写真にして文字をメインにすると印象が悪くなりにくいです。

結婚報告、出産報告は何度もしない

すでに結婚報告をしている人に「結婚しました」とか年賀状に書かれても「すでに知っていますが?」と思われるだけです。「子供を授かりました」なんて「出産祝いをねだられてる」と悪い方に深読みされかねません。

もし出す場合は”初めて知らせる人”に限ると良いでしょう。

参考:4月の結婚式は年賀状で結婚報告OK?結婚報告はがきはいつまで?

スポンサーリンク

写真入り年賀状のマナー

年賀状のマナーについてネットで調べれば、謹賀新年がいいとか賀正でいいとかいろいろな情報は手に入ります。写真入り年賀状にもマナーあるのでしょうか?

基本的な考え方は「受け取る相手によって写真あり、写真なしを使い分ける」です。どうやって使い分ければよいのか、シンプルな基準を作ると悩むことが少なくてすみます。

写真なし

仕事関係者には写真無しが無難です。同じ会社の同僚、上司には厳しい目を持った人もいます。取引先のお客様ならなおさらです。それが原因で「配慮ができない人」とあらぬうわさが経たないとも限りません。

写真あり

仕事関係者には写真なしが良いとしましたが、家族ぐるみでの付き合いがある場合は別です。また家族ぐるみほどではなくても個人的に親しい友人のような中の場合にも大丈夫でしょう。少しでも疑問に思うなら、避けた方が無難です。それ以外でもあなたのことを「ただの親バカ」と公認している人にはドンドン送ってしまいましょう。

まとめ

めんどうですね。つまり何種類かの年賀状を作るということです。ただでさえ毎年大変な思いをしているのに写真入りと写真無しを用意しなくてはいけないなんて。

これらを踏まえて、同じ写真入りの年賀状でも家族写真だと不快な思いをさせることは少ないようです。「子供がお父さんに似てきた」とよそのガキ直接は知らない子供の近況を好意的に見てくれる確率が高まります。

あと遠縁の親戚や遠方に住んでいる友人には、なかなか姿を見せることができないため喜ばれる傾向があります。とくに親戚の集まりで「あんな人いた?」とならないための貴重な情報源になります。家族写真ならギリギリ許容され鵜のではないでしょうか。

人とのつながりを維持するというのはとても気を使うし、大変なことです。お互いに新年は気分良く過ごしたいですから、相手の状況を考えて迷ったら無難な選択をしておくのが賢い大人ですね。プライベートなことやハメを外すのは気心が知れたごく近しい人の中だけにしておきましょう。

スポンサーリンク
follow us in feedly

関連記事

コメントを残す

PAGE TOP ↑