インスタントコーヒーのカリウム含有量が半端ないってホント?

公開日: : 最終更新日:2016/05/22 健康, 自炊 ,

コーヒー

インスタントコーヒーのカリウム含有量はサプリメントより安上がりかも!?

インスタントコーヒーには、他のコーヒーに比べて40倍以上ものカリウムが含まれているというデータが気になってます。

これが本当なら、毎日インスタントコーヒーを1杯飲んだらカリウム不足なんて起こりませんよね?

スポンサーリンク

同じコーヒーでもこんなに違うカリウム含有量

文部科学省の「五訂増補日本食品標準成分表」を見ると、インスタントコーヒー100gのカリウム含有量が3,600mgと非常に高いんですが、これはほんとうなのでしょうか?

というのも同じコーヒーの中でもインスタントコーヒーは飛びぬけているからです。

  • コーヒー浸出液 65mg
  • インスタントコーヒー 3,600mg
  • コーヒー飲料 60mg

「コーヒー浸出液」というのはドリップコーヒー、コーヒー飲料は缶コーヒーとかではないかと思います。

カリウムの一日の摂取量はどのくらい?

カリウムの1日の摂取量は、健康な成人男性なら2,500mgを目安に、生活習慣病(メタボ)予防を考えると3,500mgが理想です。成人女性なら2,000mgを目安にすると良いです。

数字が大きいし、排出されやすいなんて目にすると一見大変そうに思いますよね。

でもインスタントコーヒーを1杯で3,600mgも摂れるなら維持は簡単に思えます。どんなに食生活が乱れてもインスタントコーヒーを飲めばカリウムが不足するってことは無いってことですから。←ここが何となく引っかかっています。

自分は1日に最低3杯は飲んでいるので、摂り過ぎにもほどがるのを通り越してヤバイ?

スポンサーリンク

コーヒー100gの違いと栄養成分の含有量の違い

全くの素人なので筋違いかもしれませんが「インスタントコーヒーのカリウム含有量が異常に高くね?」というのが気になっています。

これインスタントコーヒーの粉100g中のカリウム含有量ということはないですか?

普通にインスタントコーヒーを作るときに使う粉は約2gです。だから食品標準成分表にある3,600mgの1/50が常識的な数値ということではないんでしょうかね。

3,600(mg)÷50=72(mg)

つまり、インスタントコーヒー1杯分を作るのに必要な粉の量2gに含まれるカリウムは72mgで、

  • コーヒー浸出液 65mg
  • インスタントコーヒー 72mg
  • コーヒー飲料 60mg

この方がしっくりくるんですが…。

【追記】
コメントで指摘されましたが、五訂増補日本食品標準成分表とは算出方法が違います。再計算したものは次に書きました。

コーヒーからカリウムの摂取量がさらに少なくなる理由とは?

文部科学省の資料とかを見て、インスタントコーヒーのカリウム含有量の数値が大きいのでカリウム不足に悩む人は期待してしまうようです。

ですが計算してわかったように、コーヒー1杯の含有量が特別多いわけではありません。しかもコメントで指摘があったように、さらに数値が低くなることを知りました。

インスタントコーヒー100gに含まれるカリウム量を再計算した

コーヒーについていくつか項目がありますが、その中でコーヒー抽出液がわかりやすいでしょう。水分と浸出液の抽出方法が書かれているからです。

こちらがコーヒー抽出液です。

  • 抽出液の水分:98.6g
  • 抽出法:コーヒー粉末10g 熱湯150ml

インスタントコーヒーはこうです。

  • インスタントコーヒー粉末の水分:3.8g
  • 作り方:記述無し (多くの場合はインスタントコーヒー2g 熱湯140ml)

つまりさっき計算した「インスタントコーヒーのカリウム72mg」というのは、2gのインスタントコーヒーを量が不明の熱湯で溶かしたときのカリウム量です。熱湯の量は記述がないので抽出液に合わせて150mlでもいいし、別に100mlで作ったっていいわけです。

それに対して抽出液の場合は抽出法が記述されています。コーヒー粉末10gを熱湯150mlで抽出したうちの100ml(100g)に含まれるカリウム量と。

そこで近所のスーパーでいくつかの商品の作り方を見てきました。すると2gのインスタントコーヒーを140mlの熱湯に溶かす作り方が多かったので、それで計算します。

回りくどいけど、わかりやすく1g当たりのカリウム量を求めてから100倍しました。

3,600(mg)÷50=72(mg)
72mg÷140(ml)×100(g)=51.4mg

たしかにコメントで指摘された51mgに合致しました。

あらためて。「インスタントコーヒー(100g)に含まれるカリウムは51mg」が資料の条件に合わせて計算したカリウム量です。

カリウムの吸収を阻害する別の理由は?

またコーヒーのある作用によって摂取したカリウムは体の外に排出されてしまいます。

いきなり結論。犯人は利尿作用です。

コーヒーのカフェインに利尿作用があるのは良く知られています。そして尿がカリウムを一緒に出してしまいます。

カリウム不足をコーヒーで補おうとするのは逆効果かも | キョウミのトビラ

コーヒーを飲むだけで”逆効果”とまで言うのは大げさかもしれません。でもコーヒーに含まれるカリウムを100%体内に取り込もうというのも無理な話のようです。

# 実はもう1つ、利尿作用を持つ意外な黒幕がいます。それは引用元の記事の中で。

スポンサーリンク
follow us in feedly

関連記事

Comment

  1. Hiro より:

    水分量の項目を見ると
     コーヒー浸出液 98.6g
     インスタントコーヒー 3.8g
     コーヒー飲料 90.5g
    となっているので「インスタントコーヒー」は明らかに粉末ですね
    インスタントコーヒーの目安は140ccの水に2gですから、同じ100gで比較すると51mgとなりむしろカリウムはコーヒー浸出液、コーヒー飲料より少ない結果となります

    • なお より:

      Hiroさん、コメントありがとうございます。

      なるほど!お湯の量で考える視点が抜けていました。
      指摘をありがとうございます。

コメントを残す

PAGE TOP ↑