メロン食べて舌が痛い原因は?他にこんな果物でも痛くなる

公開日: : 食べ物・飲み物

ccc65fa04419971476c34c3a22b59923_s

メロンを食べると舌が痛くなりませんか?少量なら平気でもたくさん食べるとなったりします。これになぜでしょうか?

痛くなる原因とメロン以外にも食べると舌が痛くなる果物についても紹介します。その中の1つは超有名なアレです。

スポンサーリンク

メロンを食べるとベロ痛いのはなぜ?

メロンを1人で半分とか食べるの、あこがれませんか?自分は以前いただき物のメロンでやりました。しかも大き目のやつで!

最初は美味いんです。いや、味は最後まで美味しいんです。でも口の中が…舌が…痛くなったんです。これまでは気にしたことがなかったんですが。高級だったのか、量が多かったのか、その時はわかりませんでした。

でも今ならわかります。

メロンを食べると舌が痛くなる原因は、蛋白質分解酵素ククミシンがあるためです。上手に利用すれば便利なもので、一般にも良く知られている方法で活用されています。

さてこのククミシン、なぜ舌が痛くなるのでしょうか?

メロンに含まれる酵素 ククミシンとは?

ククミシンというのは酵素の1つ、たんぱく質分解酵素です。たんぱく質を分解するという性質から、料理の下処理とかでお肉を柔らかくするために使われたりしています。

パイナップルやヨーグルトに漬けておくと肉が柔らかくなるって聞いたことありませんか?

この酵素がたんぱく質の組織を分解して結合を緩くするので、ナイフが通りやすく、歯で噛み切りやすくなるのです。

ああ、メロンでしたね。

舌の表面は唾液に含まれるものをはじめ、いろいろなたんぱく質で覆われています。メロンに含まれるククミシンがこれらの蛋白質を分解するのですが、そうするとどんなことが起こるかというと…。

間違って舌を噛んだら痛いですよね。それだけ敏感ということです。で、普段は舌を覆っているいろいろな不純物(?)は、ククミシンによってたんぱく質が分解されます。

そうすると舌の表面が無防備になります。敏感な舌が無防備になるので、普段なら何ともない少しの刺激が強く感じるようになるのです。酸味を強く感じたり、果肉が触る感触とかの刺激を「痛い」と感じるのです。

痛いという以外にも、舌がピリピリするとか、のどがイガイガするとか、人によって表現や感じ方が違ってきますが、原因はたんぱく質分解酵素ククミシンにあります。

ただし他にもアレルギーや、ばら色かび病などが原因で口の中に刺激を感じることもあります。アレルギーについては「変だと思って調べてみたら実は…」なんてこともあるそうです。

また、花粉症の人はメロンでもアレルギー症状の1つとして口の中にかゆみとかを感じることがあるので、気になったら病院でアレルギーの検査をしてもらうと良いかもしれません。

スポンサーリンク

蛋白分解酵素のある果物にはどんなものが?

はじめの方にも書いたパイナップルにも名前は違いますが、たんぱく質分会酵素が含まれています。その他にも同様の酵素のある果物が結構あります。

全てがククミシンではないですし、食べる量にもよるのでメロンで痛くなるから他のものでも痛くなるとは限りません。でも知ることで気がつくこともありますし、これまでは実感がなくても量をセーブしようとか気にすることができるでしょう。

果物では、次のようなものがたんぱく質分解酵素を持っています。

パイナップル、キウイ、マンゴー、パパイヤ、イチジク、梨、アボカド

キウイは酵素の他に酸味も感じるので、痛いと感じる人は多いかもしれません。パイナップルは熟していれば酸味よりも甘味の方を強く感じるかな?でも食べていると口の中が擦り切れたような痛みみたいなのを感じること、ありますよね。

というか、たんぱく質分解酵素による痛みなのか、そのうえで酸味による刺激なのか、もうよくわからなくなっているかもしれません。

さいごに

メロンを食べると舌が痛くなるのはたんぱく質分解酵素が原因だということを紹介しました。

そうそう。肉を柔らかくするのに使うときは、必ず生のフレッシュなものを使いましょう。陽を通したり、缶詰のものでは意味がありません。たしか果汁100%ジュースなら大丈夫だったはずです。

ということで、メロンを食べると舌が痛くなる人は、缶詰か、温めるか、少量にとどめるかすると良いでしょう。

マジか!?冗談のつもりで書いたらメロンの缶詰ってあるんだ!不味いんだろうと思ったらレビューには「美味しい」の文字が…ほんとかよ。

でも缶詰は腎臓が悪い人にとってはカリウムの心配をしないですむから良いという。ギフトにも使われるんだとか。珍しいしインパクトあるかも。

スポンサーリンク
follow us in feedly

関連記事

コメントを残す

PAGE TOP ↑