女子サッカー「なでしこ」のユニフォームがボロボロ

公開日: : 最終更新日:2015/08/29 スポーツ

2015-08-08 23.01.10

女子サッカー「なでしこ」たちが試合で戦う姿を見ていて、気になったのがユニフォームの状態です。

背中の肩にある蛍光ピンクのラインがボロボロです。W杯で優勝したほどの国の代表なのにユニフォームのコンディションが悪いのは、何か残念な感じがします。

スポンサーリンク

ユニフォームのデザインだけでなく、劣化具合にも注意してほしい

新しいデザインのユニフォームが発表されるたびに話題になります。せっかくの良いデザインでもすぐに剥げたり劣化してしまうようなものではガッカリです。

何試合も着ていても、何度も洗濯をしても、最初の状態が変わらないような配慮もしてほしいなと思ってしまいました。

日本の高い技術力なら、一見無駄に思えるようなところにもこだわりを見せてほしいものです。

ボロボロなピンクのライン

カメラでの撮影なので、わかりやすい画像でなくてすんまません。肩のピンクのラインに注目してください。

2015-08-08 22.12.09

2015-08-08 22.26.14

2015-08-08 22.33.34

2015-08-08 22.48.45

2015-08-08 22.48.49

多くの選手の肩がこんな感じです。ちょっとかわいそうだと思いませんか?

ユニフォームは自分で洗濯しているの?

代表ユニフォームは、本人に何枚か支給されているとは思いますが、自分で管理しているのでしょうか?洗濯も本人がするのでしょうか?

女子サッカー選手の多くはサッカーだけで生活はできないからと、別に仕事をもっているようです。そんな現状を考えれば、ユニフォームをはじめとする備品の管理は自分でしているかと思います。

もしそうだとすれば、女性ですし可能な限り良い状態で着られるようにと注意をしているでしょう。

それなのに、肩にある蛍光ピンクのラインがボロボロの選手が多くて、非常に気になります。

日本代表のユニフォームはスタッフで管理してもいいのでは?

毎試合新しいユニフォームを支給するのはやりすぎでしょう。

でもテレビに露出する機会の多い肩口、こんなところがボロボロになったら取り替えてあげてもいいのでは?と思ってしまいます。

試合に使用する代表ユニフォームだけはスタッフが管理するとか、きれいな状態で試合に臨めるようにはできないのかな。

もしそいういうコストをかけることが難しいなら、新しいユニフォームをデザインするときに長持ちする素材を使うような気の使い方、洗濯をしたときに劣化しにくいようにする、といった配慮もコミコミでデザインしてくれたらいいのに、と思ってしまいました。

スポンサーリンク
follow us in feedly

関連記事

関連記事

no image

ジカ熱の危険度とオリンピックへの影響 でもブラジルで危険なのは…

リオデジャネイロでオリンピックが開催されるというのに、そのド真ん中である中南米で流行中のジカ

記事を読む

東京マラソンに家族で応援へ行ったときに無くて困った持ち物とは?

息子さんが東京マラソンに出場することになったので、家族としても初めての応援に行ってきた体験談

記事を読む

プロ野球交流戦とペナントレースの関係は?ルールの違いも見どころの1つ

日本で人気のスポーツといえばW杯の関係もあってサッカーが目立ちますが、昔から親しまれていたの

記事を読む

東京マラソンの応援は子連れもOK?空いている?応援方法は?

ご主人が東京マラソンに参加するんですって? 家族で応援に行きたいけど小さい子供もいるし

記事を読む

東京マラソンのコースの中で雷門が近いので応援してきた!走る姿が長く見れる場所を取れたよ

東京マラソンのコースの中では比較的近所の雷門に行ってきました。「混雑するから避けた方が良いよ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑