未来の電脳メガネ開発者が!?鯖江市でARアプリコンテスト

公開日: : 最終更新日:2015/11/20 アニメ, モバイル

014365-01-1「メガネとiTの街」で知られる福井県鯖江市がアニメ「電脳コイル」とのコラボで「電脳メガネ AR(拡張現実)アプリコンテスト」の作品を募集しているそうです。

え?「ITの街」なんて言われてましたっけ?まあいいか。
 

電脳コイル?電脳メガネ?

「電脳コイル」は2007年に放送されたアニメで、「電脳メガネ」と呼ばれるメガネをかけたときだけ、今でいうARのような「電脳世界」が現れます。電脳世界は現実世界に重ね合わせて表示される情報で、実際に触って、操作できるようになっています。電話も、データ端末も、ペットでさえも電脳化された世界です。

その電脳世界が通常の生活と違和感なくリンクしているところに「ありそう」を感じます。電脳メガネはアニメ電脳コイルで「子供のおもちゃ」のように描かれていますが、学校や病院でも普通に使っていたりして便利そうです。

この電脳メガネは今でいうウェアブルコンピュータ、もっと言えばGoogleGlassが近い感じでしょうか。
違いは、GoogleGlassが単なる情報インターフェースなのに対して、電脳メガネは第二の物質世界(電脳世界)を映しだす道具であること。

ああ、語り過ぎた(笑)

コンテストの募集要項

今回の鯖江市が開催するコンテストでは、この電脳メガネのように市民の生活を向上させるためのARアプリや企画を募集するものだそうです。最終的に電脳コイルの世界が現実になったら面白いですよね。

募集期間: 2014年1月9日~3月20日 必着
選考  : 書類審査(一次)、公開プレゼンテーション(二次)
賞金など: 賞金10万円、シースルーモバイルビュワー「MOVERIO」など

申込用紙が必要なのに、募集要項にリンクが貼ってないからわかりづらい。申し込みをする人は、ここからダウンロードできます(終了しました)。(docx形式)

さらに、この申込用紙はdocx形式なので古いWORDを使っている人は門前払いを食います。無料オフィススイートのOpenOfficeLibreOfficeを使えば編集できます。

詳しくは、鯖江市のサイト内にある電脳メガネ ARアプリコンテスト 募集要項で。

コンテストの結果発表

電脳メガネARアプリコンテストの公開審査会が4月26日に行われました。

コンテストへの応募は県内外からアプリと企画を合わせて121点もの応募があったとのことです。これから伸びる技術のウェアブルコンピュータとAR(拡張現実)だし、注目度は高かったようです。

最優秀賞を受賞したアプリについては「電脳メガネARアプリコンテストは「実体験!電脳コイルの世界」が最優秀賞」の記事から開発者さんのブログへ飛ぶことができます。プレゼン資料なども公開されているので、興味がある方はぜひ見てみてください。

関連:電脳メガネARアプリコンテストは「実体験!電脳コイルの世界」が最優秀賞

スポンサーリンク
follow us in feedly

関連記事

関連記事

自分用に厳選したTwitter検索の備忘録

たまーにTwitterで検索メモを残すことがあって、そのたびにやり方を忘れてて探すのが面倒な

記事を読む

ガンダム展の原画、注目はアムロ画の上にある設定メモ!

Photo by Norio.NAKAYAMA [/caption] 六本木ヒルズで2015

記事を読む

名探偵コナンの黒の組織を最少話数で把握して純黒の悪夢を子供と一緒に

名探偵コナンは20周年ということで、子供の頃に読んでいたという人も少なくないでしょう。今回の

記事を読む

ラノベ原作者の脱税告発でアニメ新シリーズが危うい?

Photo by Japanexperterna.se [/caption] 人気作品を抱えた作

記事を読む

横山 三国志の登場で、初めてLINEスタンプを買った!

横山三国志はLINEの無料利用を貫いてきた人間に購入させる力を持つ LINEのスタンプなんて無料で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑