Twitterのプロフィールに複数のURLを載せたい

公開日: : 最終更新日:2015/09/18 ブログ運営

わかってしまえば単純な、その解決方法

TwitterでブログなどのURLを2つ載せている人がいます。あれってどうやっているんでしょうか。わからなかったのでサクっと調べました。

スポンサーリンク

そもそも、なぜURLを2つ載せたいのか

いま、Twitterのプロフィールには当ブログのアドレスを載せています。

何を思ったか先日あたらしくFXのブログを作ってしまいました。なのでそっちも載せたいなと思ったからです。

ブログタイトルを変更して、書く内容のハードルを下げたのでここに書いてもいいんですが、記事のボリュームバランスがFX系に占領されてしまうのではないかと。

それはちょっと…ということで新設したってわけです。
ヘタウマFX トレード日記をつけたら勝ち組になれる ver.α

内容はエントリーと決済の根拠、トレード前やトレード中に頭に浮かんだことや阿鼻叫喚のような無様な姿を記した公開処刑トレード日記を”自分のために”記録するためのブログです。

思わず笑い出してしまうほどあまりにも負け続けていたことと、トレードをノートにまとめると勉強になると知り、じゃあブログでやってやろうという経緯です。

スポンサーリンク

URL欄には1つしか入れられない

複数のアドレスを載せるやり方をGoogle先生に質問してみると、同じようにアドレスを複数載せたいと思っている人を多数見つけました。

実際に複数のアドレスを載せている人もいるので設定方法が気になるところです。

自分で試してみたところ、URL欄に半角スペースで区切って設定してみたところ、「URLが有効ではありません」と怒られます。

twitter_URL

もちろんカンマとか、他の区切り文字を使ってもダメ。URLのフォーマットとして正しくないので当然です。

意外な、というかシンプルな解決方法

先入観って恐ろしいです。

「アドレスはURL欄に入れるもの」と思い込んでいたためにもっとも簡単な解決方法を見落としていました。

そのシンプルな解決方法とは、プロフィール欄に書くというものです。

単純すぎて拍子抜けしました。

スポンサーリンク
follow us in feedly

関連記事

関連記事

wpimage

WordPressのバージョンアップに失敗した時の対処

404 Not Found発生!WordPressのダッシュボードにアクセスできない時に取っ

記事を読む

Googleマップ

これで解決!?インデックスされない&wwwありなし両方でアクセス可ならココを疑え!

これまでの経緯 独自ドメインとレンタルサーバにブログを移してからGoogleにインデックス

記事を読む

Photo by Anhedral

たいして影響力ないし、ブログタイトルを変更しよう

Photo by Anhedral [/caption] 変更はSEOのため?そんな理由じゃ

記事を読む

Photo by downhilldom1984

ブログ記事の書き方を哲学者プラトンから学ぶ

Photo by downhilldom1984 [/caption] はじめて哲学の本を読

記事を読む

356fa1582c1f18b3_640_road

ブログを毎日更新し続ける期間はこの公式で決まる

ブログを始めたばかりの人やアフィリエイト初心者が、アクセスアップのために知りたいことのひとつ

記事を読む

Googleマップ

解決!たった4日でGoogleにインデックス登録した方法

とうとうウェブマスターツールのインデックス ステータスにグラフが表示されました! 年末

記事を読む

wpimage

SeesaaブログからWordPressへの引っ越し

安易な引っ越しはSEO的におすすめできない 今回、Seesaaブログで運用していた2つのブ

記事を読む

wpimage

続・SeesaaブログからWordPressへの引っ越し

Seesaaブログ、さようなら 前回、インデックスを削除されるのを待つところで中断していたブロ

記事を読む

9e71e237261698de_640_Resurrection

Googleのインデックスが復活!本当にペナルティ?対策は何をした?

インデックス数が約1/2に激減していましたが、1週間で復活しました。アクセス数がちょっぴり上

記事を読む

3b83222722078a17fe8399aeb5fd7119_s

Googleのインデックス数が1/2に激減!原因は?

Google主催のお祭りに強制参加中です。 あなたのブログ、インデックス数が急に減った

記事を読む

コメントを残す

PAGE TOP ↑