鼻の汗と脂を抑えるメイクとメイクが落ちないように汗を拭く方法

公開日: : 美容

93179e3840fddfba6cf8a4e5e1d96edc_s

鼻の頭だけ油が浮いてテカってしまったり、汗でファンデーションが流れてしまったり、鼻周りはメイクが崩れやすいのが悩みの種ですね。

恥ずかしい思いをしないようにメイクが崩れないように汗や浮き出た脂を拭き取る方法やメイク崩れしにくいメイクの方法を紹介します。

スポンサーリンク

鼻の汗を抑えてメイクが脂浮きしないようにするには?

鼻がテカテカしちゃったり、汗でファンデーションが流れてしまったり、鼻周りのメイクは崩れやすいので悩みの種ですよね。そもそも鼻は皮脂の分泌量が多いので、余計に気になる部分だと思います。

かといって、洗顔のしすぎも良くありません。テカるのを嫌って皮脂をしっかり取りたくなりますが、そういう人は「取りすぎ」の場合が多いものです。また、毛穴の黒ずみが気になるからといって頻繁に毛穴パックをするのも童謡の理由でいただけません。

皮脂も皮膚には必要なものなので、必要最低限の量もないとなれば分泌されます。それをまた取るの繰り返しをしているうちに皮脂に分泌を促すことになるのです。少量の分泌では足りないから多量を…となって過剰分泌が慢性化して脂性の肌に変わっていきます。

なのでメイクが脂浮きしないようにするためには、多すぎる脂がメイクを浮かせないように適切な量の皮脂が肌の表面を覆っている状態を保つのが好ましいといえます。

また、肌の表面を覆っている脂と水分のバランスも重要です。皮脂の分泌量が適切でも水分の少ない肌では相対的に脂が多いことになってしまいます。

泡で優しく洗い、すすいだ後は、保湿にも注意しましょう。頬の保湿には気を配って、鼻は脂に気を配るの気持ちはわかりますが、鼻の保湿にも気を付けてバランスをとりましょうね。

頬の乾燥が気になるなら頬はしっとり系で、鼻の脂浮きが気になるならサッパリ系とパーツによって使い分けるのがおすすめです。

また、メイク崩れを防ぐには、化粧下地が重要なカギを握ります。皮脂を吸着するタイプを使うと格段に変わってくるんです。こちらも頬が乾燥しすぎないように、パーツごとに使い分けることをおすすめします。

ファンデーションは薄めに、汗や皮脂が気になるパーツには、パウダーをしっかり付けましょう。

メイクが落ちないように汗を拭く方法

もし脂が浮いてきたり、汗がにじんできたらこまめに拭くことです。でもメイクが落ちないように拭く方法って?と疑問に思うかもしれません。

おすすめなのが、ティッシュを使って拭くことです。ただしティッシュを横に滑らせて拭くとメイクまで拭き取ってしまいます。顔に優しく置くように当てて、汗や皮脂を吸収させます。

皮脂だけが気になるなら、あぶらとり紙を使用するのも良いでしょう。このときも滑らせるのは厳禁。置くように吸い取る、です。

ティッシュやあぶらとり紙はタオルやハンカチに比べれば目立ちにくいので、人前でこっそり使うのにも適しています。それにゴミ箱があれば捨てられますからね。

また、メイク崩れしないようにファンデーションの厚塗りは避けて、パウダーを顔全体に馴染ませておくのもポイントの1つです。メイクを直すときにも汗や皮脂を取りのぞいた後にファンデーションを重ねるのではなく、パウダーを重ねれば、比較的きれいに仕上がります。

スポンサーリンク

汗で落ちないメイクの方法

汗や皮脂でメイクが落ちてしまうことに悩んでいるなら、ベースメイクをほんの少し工夫しましょう。効果的なアイテムとテクニックを上手く活用すれば落ちにくいメイクを完成させることができるんです。

まずベースメイク前には肌の状態を整えるスキンケアです。しっかりと保湿することが大切。これは皮脂を過剰に分泌するのを抑えるためにも必要なことです。汗をかくからといって、保湿を怠ると逆に崩れやすくなるのです。

ローションで肌を整えて、美容液や乳液などをつけたあとには、特にTゾーンなどをティッシュで軽く押さえて、よぶんな脂分を取りのぞきます。そして化粧下地は顔の中心から外に向けて手早く塗ります。

基本的なことですが、ローションや美容液のあとに乳液です。肌の保湿をして、水分が蒸発しないように乳液で薄い膜を作ってあげるイメージです。順番を間違えると、時間とともに水分が蒸発して、皮脂と乳液の油分だけが残ってオイリーな肌になってしまいます。

さて、下地が完成したらリキッドかパウダーファンデーションを顔の中心から外に向かって塗って、何も付けていないスポンジでポンポンと軽く叩きこむように余分な油分を取りのぞいておきます。

このテクニックを使うことでファンデーションが肌に密着して崩れにくくなる上に、ツヤのある仕上がりになるんです。

そしてパウダーを顔全体につけてから刷毛で余分なパウダーを叩き落しておきます。

そのあとはアイメイクやチークなどのポイントメイクをして、最後にフィニッシングスプレーを顔全体に吹き付けておきましょう。

さいごに

大事な場面で鼻が脂でテカテカしてたら台無しです。まずは家でできる汗や皮脂で崩れにくいメイクと、テカる前にティッシュで拭き取るのを徹底しましょうね。

スポンサーリンク
follow us in feedly

関連記事

関連記事

顔が敏感肌でヒリヒリする 化粧品で肌に負担少ないのを選ぶには?

敏感肌だと化粧品には気を使いますね。いろいろ試して行きついたのは某有名メーカーのもの。そこそ

記事を読む

BBクリームとCCクリームの違い メリットとデメリットを初心者向けに

メイク初心者だと、似たような効果なのに呼び名が違ったりして「結局どれつかえばいいの?」って思うこ

記事を読む

日焼け止めと化粧下地は敏感肌も両方必要?下地の前か後かで負担が変わる

日差しが強くなる時期でも敏感肌だからと肌への負担を気にして日焼け止めを使わずにすませていませ

記事を読む

化粧水のあと何分で乳液ぬる?使用量の目安と浸透の感覚を知る方法

あなたは化粧水の後、乳液をつけるまでの間隔はどのくらいですか? 化粧品売り場の人か

記事を読む

アマランサスのダイエット効果をごはんの他にお菓子でも!

ダイエットで炭水化物や糖質を制限している人にとっては、ご飯は食べたいけど白米の量は増やしたく

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑