EXCELで時間計算して年月日時分秒で表示する簡単な方法

公開日: : 最終更新日:2015/08/30 コンピュータ

calcurator photo

EXCELでの日付や時間計算は、単純にセルの値を足し算引き算すれば解決します。でも日付をまたいだり、結果をYYYY/MM/DD HH:MM:SS形式で表示させようとするとやっかいです。

ここで紹介する方法を使えば、時差や勤務時間の計算に使えます。知っていると応用が効きいて便利です。

スポンサーリンク

時間計算はDATE関数とTIME関数で解決できる

EXCELでは、日付や時間をシリアル値と呼ばれる数字で管理しています。シリアル値とは、1900年1月1日0時0分からの経過秒のことです。

簡単に言えば、n分後やn日前というのはすべて秒に換算して「n秒後」「n秒前」を計算しているようなものです。

日付や時間の計算はすべてシリアル値にする

日付や時刻をシリアル値に変換するには、DATE関数とTIME関数を使います。

=DATE(年, 月, 日)
=TIME(時, 分, 秒)

ここで注意が必要です。DATEには時刻の、TIMEには日付の概念がありません。つまりこうなります。

=DATE(2015, 1, 1) → 2015/1/1 00:00:00
=TIME(23, 10, 20) → 1900/1/1 23:10:20

なので「2015/2/3 15:20:00の2時間15分後」という計算には使えません。そこでDATE関数とTIME関数の両方を使うことにします。

=DATE(2015, 1, 1)+TIME(23, 10, 20) → 2015/1/1 23:10:20

これで「2015/1/1 23:10:20のシリアル値」を求めることができます。次に計算したいn時間やn分もシリアル値にしてしまいます。

=TIME(7, 0, 0) → 7時間
=TIME(0, 30, 0) → 30分
=TIME(0, 30, 25) → 25秒

さっきのDATE関数とTIME関数で求めたシリアル値に足したり引いたりすればn時間後やn分前を求めることができます。

=DATE(2015, 1, 1)+TIME(23, 10, 20)+TIME(7, 0, 0)
→ 2015/1/1 23:10:20 の 7時間後 2015/1/2 6:10

=DATE(2015, 1, 1)+TIME(23, 10, 20)-TIME(0, 30, 0)
→ 2015/1/1 23:10:20 の 30分前 2015/1/1 22:40

=DATE(2015, 1, 1)+TIME(23, 10, 20)-TIME(0, 0, 25)
→ 2015/1/1 23:10:20 の 25秒前 2015/1/1 23:09

簡単でしょ?

スポンサーリンク
follow us in feedly

関連記事

関連記事

Huluの「申し訳ありませんが現在この動画の配信は日本のみとなっています。」はChrome拡張機能が原因だった

HuluでMOCO'Sキッチンを見ようとしたら「日本でしか見れないよ」と言われてしまいました

記事を読む

パソコンモニター2台追加購入もマルチモニターでPCデスクが狭い

小さい画面よりも大画面のモニターの方が作業がしやすいです。そして小さくてもモニターを2枚以上

記事を読む

Googleアラートを活用して非効率に情報収集してみよう

先週書いた「RSSフィードをはてブ数でフィルタしてfeedlyで読む」はRSSフィードの量を

記事を読む

RSSフィードをはてブ数でフィルタしてfeedlyで読む

未読フィードがあると気持ち悪いのと、覚えられなくても全ての記事に目を通しておきたい性分です。

記事を読む

自分用に厳選したDebian/Linuxの備忘録

いままでテキストファイルに書いていたり、その都度検索していました。 これをバックアップの意味も込め

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑