年末年始になると風邪でダウンするのはなぜ?予防法はある?

公開日: : 最終更新日:2016/03/12 健康

風邪 photo

正月早々風邪をひいて寝込んだり、GWの家族旅行も体調を崩してまったく楽しくなかったり、大型連休になると具合が悪くなる人ですか?

自分は正月2日目におなかを壊す人です。

休みになると体調を悪くする人は、常に気を張って仕事を頑張る人に多いようです。「よし!3連休だ!!」と喜んだのもつかの間、朝から熱が出てほとんどの時間を布団の中で過ごすことになります。

そんなの嫌だし、つまらないですよね。

スポンサーリンク

年末年始になるとなぜ体調を崩すのか

休みになると体調を崩していると「体調管理ができない人」と言われてしまいます。中にはそういう人もいると思いますが、自分の周囲にはこんな人が体調を崩しやすいようです。

  • 偏った食事で栄養不足
  • 生活のリズムが変わって体が慣れていない
  • ハードな仕事についている

大抵の場合は「頑張りすぎる人」ですね。気力はあるのに身体が何かしらのサインを出している、みたいな感じでしょうか。あなたはどれかに当てはまりますか?

# ゴールデンウィーク後に「体調がすぐれないような気がする」人は違いますよ。

風邪をひいたり、熱を出したりしないためには?

体調を崩す原因として、ストレスが関係していることが多くあります。

日ごろから趣味で気分転換したり、しっかり睡眠をとったり、自分がリラックスできることをするのが一番です。とはいえ「仕事が忙しくてそれどころではない!」という声も聞こえてくるかもしれませんね。

うちの母もそうでした。ゴールデンウィークは毎年熱を出して仕事の前日まで寝て、年末年始は大掃除とおせち料理を作り終わると具合が悪くなるのがパターンでした。

ゴロゴロするのが嫌いで働き者だったのと、食が細くて栄養が足りていなかったのかもしれません。だから緊張の糸が緩んだとたんにバタンと。

リラックスというか、身体が悲鳴をあげて強制的に休養をとらされる感じですね。できればそうなる前に体を休ませたいものです。

関連:
年末の体調管理できてる?正月に体調を崩すのを防ぐコツ
年末年始に子供が熱だして病院いくか迷ったときの相談窓口
年末年始も営業してる歯医者は?待てないなら痛み止め市販薬を使おう

スポンサーリンク

母が風邪をひかなくなった「あるもの」とは?

まとまった連休になると体調を崩すという人は結構います。その中で、母に「あるもの」をプレゼントしたところ風邪をひかなくなったという人がいました。

それは何かというと、赤まむしなんだそうです。

自分が知ったときは「え?それって男性飲むものじゃないの?」と思たのですが、どうやら家族からプレゼントされて年配の女性が飲み始めるパターンがあるようです。

# 個人差がありますし、体質に合わない可能性もあります

興味を持って調べてみると、いろいろ元気になる栄養素が入ったサプリメントよりも、赤まむしをまるごと焼いて粉末にしたようなシンプルなものを長年の愛好家は選ぶそうです。

ところがその定番商品は、社長が亡くなったために廃業したのでもう入手不可能。次の定番を求めて「赤まむし難民」がいま、さまよっています。

赤まむしの粉末を選ぶポイントは2つです。

  • まるごとを使った粉末であること
  • 赤まむし以外に混ざっていないこと

「国産のまむし」と言いたいところですが、商品化するには数が少なく世に出ているものは中国産がメインです。もし見つけたら、超レア物か眉唾物だと思いましょう。

スポンサーリンク
follow us in feedly

関連記事

関連記事

年末年始に子供が熱だして病院いくか迷ったときの相談窓口

いつもは元気な子供も何故か年末年始になると熱を出してしまうことってありませんか? 普段

記事を読む

トイレが詰まったほどの便秘は一週間ぶりで量がすごかった

自覚がないまま一週間ほど便秘でした。お通じが来たのはなんと外出中のバスの中! その場で

記事を読む

あかぎれをすぐ治すための夜のケア 1日で改善した治し方とは?

冬の水仕事は手荒れがひどくて大変です。自分も指の関節のところがぱっくり割れて血がにじんできま

記事を読む

そうめんが太る理由と夏太りしないための太らない食べ方

夏の食欲のないときでもツルツルと食べられる素麺(そうめん)。お中元などの贈り物でも定番だし、

記事を読む

ノロウイルスで嘔吐した布団を消毒して臭いをとる方法

ノロウイルスに感染すると嘔吐や下痢を繰り返して、トイレに駆け込む余裕がないこともよくあります

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑