暑い日のウォーキングの日焼け止めと紫外線対策で忘れがちなこととは?

公開日: : 最終更新日:2016/06/14 健康 ,

8fe4287e3090ab0b211373ca1c015f43_s

運動は毎日継続してやることが大事とは言うけれど、真夏の暑い日となるとキビしいものがありますよね。ウォーキングならさほど激しい運動ではありませんが、それなりに大変です。

暑い日のウォーキングで日焼けや紫外線の対策を間違うと、秋以降に反動がきちゃいますよ~といったことを紹介します。

始めたばかりの初心者さんは、その恐ろしさをわかっていないと思います。ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

暑い日のウォーキングで注意したいこと

健康維持だったり、ダイエットだったりと目的をもって頑張っていることでしょう。でも、真冬の寒さと同じくらいに、真夏の暑さは外での運動をする気持ちを萎えさせてくれますよね。

そんな暑い日のウォーキングで気を付けておきたいことと言えば、日焼けや紫外線への対策です。

さきほど「真夏の」とは言いましたが、5月にもなれば日差しは強くなるし、紫外線の量も多くなります。気候的には快適でも日焼け対策、紫外線対策はすでに必要なシーズンに突入しています。

テレビや雑誌などでも特集されているので、いろいろな情報はすでに持っているでしょう。でも以外に忘れがちな点があるのを知っていますか?

目の前の対策に没頭していると、知らず知らずのうちに肌へのダメージが蓄積されていたなんてことになっているかもしれません。

それは何かというと肌のアフターケアをしっかりすることです。昼間の日焼けと紫外線の対策は大事です。それと同じくらいそのあとのメンテナンスも重要です。

ほてった肌を冷やすことと保湿を中心としたスキンケアを心がけましょう。汗で流れた分の水分補給も忘れずに。

ウォーキングするときの日焼け止めで忘れがちなこと

夏の間の日焼け止めは、汗をよくかくからとウォータープルーフのものを使っている人も多いでしょう。一度試すと手放せなくなりますよね。特に運動をするなら必需品でしょう。

さてその日焼け止め、特にウォータープルーフタイプだと肌荒れの原因になるのを気がついていますか?知らずに常用していると、いつのまにか乾燥肌になったり脂性の肌になっているなんてこともあり得ます。

耐水性のあるウォータープルーフの日焼け止めは、肌の表面をコーティングするようなものです。日差しや紫外線から守ってくれますが、この状態が続くと肌のバランスが悪くなる可能性があります。

たとえば汗です。角質層がコーティングされることで汗を吸収しなくなります。また運動によって体温が高くなると汗をかいて冷やしますが、日焼け止めがその効率を下げてしまいます。

そして皮脂にも影響があります。肌には適度な油分が必要ですが、肌の表面にあるべき皮脂のかわりに日焼け止めがばっちり塗られていると、皮脂の分泌量が増えてしまいます。

このように肌と水分(汗)と脂(皮脂)の関係がおかしい状態を夏の間、早い人なら5月ごろから続けていると、涼しくなる秋の頃にはバランスのおかしい状態が普通になってしまいます。

すると日焼けや紫外線に気を付けていたら脂性の肌になっていたり、乾燥肌になっているというわけです。こうならないためには、ウォータープルーフタイプの日焼け止めや化粧品を使うときと使わないときの使い分けをすると良いでしょう。

スポンサーリンク

夏のウォーキングで紫外線対策の盲点とは?

日焼け止めとともに紫外線対策もしていますよね。そもそも日焼け止めにUVカットの効果も期待できるでしょう。でもそれはそれで、帽子をかぶったりアームカバーを付けたりといろいろ大変ですよね。

ウォーキングする時間を夜にすれば、紫外線の量はゼロとは言わないまでもかなり少なく抑えることができます。夜も太陽の光は月に反射して、間接的に地表に降り注ぐそうです。

とは言っても完全フル装備で挑むほどの量ではありませんので、夜なら身軽な格好でウォーキングすることができるでしょう。まあ、黒ずくめのフル装備で夜間に歩いていたら職務質問されそうな怪しい格好なので、ほどほどにしましょう。

夜の外出は、紫外線よりも防犯的な危険性の方が高いような気がします。女性は誰かに一緒に付き合ってもらうか、人通りの多いところをコースに選んだ方が無難でしょう。

日中の場合、意外に忘れがちな対策箇所が目です。まぶしいからとサングラスをかけている人もいますが、目から紫外線が侵入して白内障などの目の病気になる可能性が出てきます。

ただでさえ白内障や緑内障は年齢とともに有病率が増加します。それをわざわざ加速させてやる必要はありませんので、サングラスやUVカット加工されたレンズを使ったメガネをかけましょう。

サングラスに抵抗があるなら、度の入っていないUVカット加工レンズで伊達眼鏡にすれば良いのです。

さいごに

ウォーキングは自律神経を整えたり、血流が良くなったりするので、メタボってて激しい運動がきついと思うような人でも続けやすい運動です。でも紫外線対策や日焼け対策を間違えると、逆に健康を害する可能性があることもあります。

せっかく健康のためにやるのですから、本末転倒にならないよう気を付けましょう。

虫除けと日焼け止めの順番と効果時間 使い方の注意点は?

虫除けと日焼け止めの順番と効果時間 使い方の注意点は?


 

曇り空の紫外線でも日焼けする?天気で日焼け止めも変わる?

曇り空の紫外線でも日焼けする?天気で日焼け止めも変わる?


 

ディズニーシーで化粧直しを手早くするには?緊急時の化粧品の調達も

ディズニーシーで化粧直しを手早くするには?緊急時の化粧品の調達も


 

帽子かぶるの子供は嫌がるけど紫外線の影響を考えたらかぶせたい

帽子かぶるの子供は嫌がるけど紫外線の影響を考えたらかぶせたい


 

スポンサーリンク
follow us in feedly

関連記事

関連記事

肩こりや頭痛が慢性化しているなら目の疲れを疑ってみる

一時期、ひどい頭痛に悩まされていました。ソフトウエア開発の仕事をしていた時のことです。

記事を読む

骨折が治ってから2か月でどうなった?後遺症は?

骨折をしたのが2015年5月20日(水)です。その時のことは「骨折すると出る寒気や吐き気の症

記事を読む

粉末ビール酵母をレシピに取り入れて疲れ知らずの体作り?

ビール酵母の効果で乗り切った若い頃 若い頃にビール酵母の粉末を日常的に食べてたらハンパない

記事を読む

インフルエンザ予防接種は妊婦OK?市販薬は?胎児への影響は?

毎年猛威を振るうインフルエンザも妊娠中の方にとっては、いつも以上に予防について慎重になってい

記事を読む

冬の朝に布団から出れないを解決する10の方法

冬の朝は寒くて、目が覚めても布団から出るのが難しいことが多くて困ります。あなたはどうしてますか?

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑