BBクリームとCCクリームの違い メリットとデメリットを初心者向けに

公開日: : 美容

8a356e420087560f5cc061274520063d_s
メイク初心者だと、似たような効果なのに呼び名が違ったりして「結局どれつかえばいいの?」って思うことが多くありませんか?

BBクリームとCCクリームもその中の1つです。名前も似ているし、使い方も聞く人によって違うことがあるのでさらにわからなくなります。

どんな違いがあるのか、メリットとデメリットは何なのか、それぞれについて見てみましょう。

スポンサーリンク

BBクリームとCCクリームの違いはどこに?

この2つの違いが分かりにくい大きな原因1つが、どちらにもファンデーションが含まれているところです。どちらもファンデーションの他にいくつもの成分を合わせることで商品の差別化をしています。

だから化粧品に詳しくない初心者にとっては成分が似ているからどれも同じように見えるし、成分が少しずつ違うからどれも違うように見えます。これが使い分けも使いどころもわかりにくくしているんです。

すごーくおおざっぱに2つの違い分けるとこうなります。

  • BBクリームは化粧下地+ファンデーション
  • CCクリームはコントロールカラー+ファンデーション

これもわかりにくいかな?

BBクリームは、もともと整形手術の痕跡を隠すために作られたという経緯があります。だからシミや毛穴をカバーするような使い方に適しています。

しかもこれ1つで下地とファンデーションを重ねる工程が1つにまとまるので、自分に合うBBクリームが見つかれば”短い時間できれいな肌”を手に入れることができます。

CCクリームは、隠すためではなく魅せるために使う方が適しているといえますね。化粧下地とファンデーションで整えた肌はスベスベで綺麗な肌ですが、肌の色が重かったり、ムラは隠せなかったりします。

ナチュラルでみずみずしい肌を手に入れるにはBBクリームだけでは難しいのです。それを補うためにCCクリームが役に立ちます。もちろんコントロールカラーやコンシーラーを重ねても同じような効果を得ることはできますよ。

ですが、各メーカーが発売しているBBクリームやCCクリームには美容成分をはじめとしてさまざまな特徴があって、よりナチュラルなつけ心地とメイク効果が期待できます。

たとえば、やや下地寄りなBBクリームには保湿やみずみずしさを補う成分が多く含まれているし、コンロールカラー寄りなCCクリームには、美容成分だけでなくつけ心地が軽いのに多機能なものが多くあります。

ばっちりメイクしなくてはいけないような場面では物足りなさを感じるかもしれませんが、外出が多くて手早いメイク直しがしたいときや、スーパーやコンビニへのちょっとした買い物のときのために持っていると便利です。

BBクリームのメリットとデメリット

もちろんBBクリームにはメリットとデメリットがあります。

メリットとしては

  • 基本的なベースメイクはBBクリーム1本で終わる
  • 忙しいときに短時間でもベースメイクが終わる
  • 色々重ねる必要がないので初心者にも使いやすい
  • UVカット効果のある商品もある

デメリットとしては

  • 厚塗り感がある
  • 肌に合う色味が少ない
  • 乾燥肌や敏感肌などの人には合わないこともある

以前は外国製のBBクリームが多く出回っていました。いまは日本人向けの商品も多く発売されているので状況は良くなっています。美容成分を多く含んで保湿にも適したものなら強い味方になってくれるでしょう。

スポンサーリンク

CCクリームのメリットとデメリット

そしてCCクリームにもメリットとデメリットがあります。

メリットとしては

  • みずみずしい肌の色を手に入る
  • 自然な仕上がりですっぴんのような肌になる
  • つけ心地が軽くて伸びが良い

デメリットとしては

  • BBクリームに比べてカバー力が弱い
  • CCクリームだけでベースメイクを済ませることは難しい
  • 白浮きする

BBクリームが肌の欠点を「隠すもの」であるかわりにCCクリームは肌の発色を「良く見せるもの」なのです。結果的にカバー力が弱くなるのは仕方がありません。

さいごに

BBクリームとCCクリームの違い、メリットとデメリットを見てきました。

「使うならBBクリームとCCクリームのどっちがいいの?」

こんな悩みを持った人を見ますが、強みはそれぞれ違います。BBクリームのカバー力とCCクリームのカラーコントロールの両方を得るには、やっぱり両方使う方が良いといえます。

結局、理想的な肌を手に入れるには重ね塗りが必要ということなんでしょうかねぇ。

中にはBBクリームとCCクリームを混ぜて使っている上級者もいます。お肌の調子に合わせて比率を変えているんだとか。でも毎回混ぜるのはめんどうだし、分量を日によって変えるor同じにするのは難しいでしょう。

もしBBクリームとCCクリーム両方のメリットを生かしつつ、毎回混ぜる苦労が必要ないものがあれば…なんて都合よいものはあるでしょうか?

じつは最近はそういう商品も出てきています。最初から両方が混ざっているもので、その1つがラウディ BB&CCクリームです。

これはBBクリームのカバー力と、CCクリームのつや、伸び、ナチュラル感を併せ持ちつつ、無添加でアレルギーテスト済みと肌へのダメージを最小限にすることを考えられている商品です。

しかも、これ1本で7役もこなします。

  • 乳液
  • 美容液
  • クリーム
  • 日焼け止め
  • 化粧下地
  • ファンデーション
  • コンシーラー

メイク初心者で何を使ってみたら良いのか迷ってしまうなら、こういうオールインワンタイプから試してみるというのはどうでしょうか?

⇒ メイク初心者におすすめしたい、ラウディ BB&CCクリームの詳細はこちら

化粧品はメーカーが独自に差別化を図ろうと、商品ごとに様々な名称や特徴を盛り込んできます。そのために初心者にはわかりにくくなっているのも確かです。

まずはシンプルに使う化粧品を少なくして、そこから自分のメイクに必要なものをプラスしていくようにするとわかりやすいのではないでしょうか。

こちらの記事も参考になります。
顔が敏感肌でヒリヒリする 化粧品で肌に負担少ないのを選ぶには?

スポンサーリンク
follow us in feedly

関連記事

関連記事

化粧水のあと何分で乳液ぬる?使用量の目安と浸透の感覚を知る方法

あなたは化粧水の後、乳液をつけるまでの間隔はどのくらいですか? 化粧品売り場の人か

記事を読む

アマランサスのダイエット効果をごはんの他にお菓子でも!

ダイエットで炭水化物や糖質を制限している人にとっては、ご飯は食べたいけど白米の量は増やしたく

記事を読む

鼻の汗と脂を抑えるメイクとメイクが落ちないように汗を拭く方法

鼻の頭だけ油が浮いてテカってしまったり、汗でファンデーションが流れてしまったり、鼻周りはメイ

記事を読む

日焼け止めと化粧下地は敏感肌も両方必要?下地の前か後かで負担が変わる

日差しが強くなる時期でも敏感肌だからと肌への負担を気にして日焼け止めを使わずにすませていませ

記事を読む

顔が敏感肌でヒリヒリする 化粧品で肌に負担少ないのを選ぶには?

敏感肌だと化粧品には気を使いますね。いろいろ試して行きついたのは某有名メーカーのもの。そこそ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑