おみくじを何回も引くとか同じ日だったり違う神社だったり…いいの?

公開日: : 最終更新日:2016/12/13 イベント

82090dd0f5c3a28aa5d7ea5e56b92243_s

初詣は誰と行きますか?家族と?恋人と?1回と限らず2回以上行く人もいるでしょうか。

初詣といえば欠かせないのがおみくじです。行く相手が変われば改めておみくじを引きたくなるものです。恋人と一緒に行って「もうやったから…」なんて白けるじゃないですか。

でもちょっと待ってください。おみくじって何回も引いていいものでしたっけ?

やるたびに結果が違ってしまうと何を信じてよいのか、そもそもそんなことをしたらバチが当たるとかないのか。「おみくじ?2回引いたよ」という声も聞くのですが、考えてたらそれはどうなのかなと気になってきませんか?

初詣に何度か行く予定のある人は疑問を解消しておきましょう。

スポンサーリンク

おみくじを何回も引くのは悪いこと?

おみくじを何回も引くことは悪いことではありません。だから、もし大凶だったり、よくないことが書かれていたら引き直してもいいんです。

でも悪い結果であっても厄災を避けるためにどうするかが書かれている場合があります。それにおみくじの結果通りに必ずなるとも限りません。悪い結果だったとしても警告と受け取ることで、あなたの行動次第によって運命を変えることもできるのです。

特に最近のおみくじはおまけ付きのものまであるくらいです。引き直しというか、全種類集めるために何度も引くことが前提のものまでありますしね。

何度引き直しても良いとはいっても神社によって解釈が違うこともあるので気になるようでしたら確認してみると良いでしょう。

おみくじを同じ日に何度も引いていいの?

とは言っても、同じ日に何度も引くというのはどうなのだろう?という気もします。たとえば、大吉が出るまで引き直すとか、いいんでしょうかね。

「大吉出るまで」というのはやりすぎかもしれませんが、凶が出たので引き直すという程度ならありです。

なので、たとえば午前中のうちに友達と初日の出を見てから初詣に行っておみくじを引き、午後に家族と初詣でおみくじを引くということも問題ありません。

スポンサーリンク

おみくじを違う神社で引いても大丈夫?

2回以上初詣に行く場合、同じ神社に行くとは限りませんよね。家族と行くなら近所の神社で、恋人と行くならデートもかねて有名なところに行くかもしれません。

違う神社でおみくじを引くとなると神様を乗り換える(?)みたいで後ろめたい気がするかもしれませんが、気にすることなくおみくじを引いて大丈夫です。

日本の神様は寛大というか、いい加減というか、細かいことは気にしないのでしょう。そもそも神社に限らず、日本には八百万も神様がいる訳ですし、狭い日本の中で神様同士の派閥争いでもありませんよね。

さいごに

おみくじを何回も引くことは決して悪いことではありません。一緒に初詣に行く相手が変われば新たな気持ち、新たな願いでおみくじを引きましょう。

が、信じる宗教や神様によっては、神様からのありがたいメッセージを引き直すのはもってのほかだという意見もあります。

じつはおみくじを複数回引くことについては賛否両論あって、あなたが特定の神様を信じているのでなければ「これ!」という答えはありません。

そういう意味では、あなたが良いと思ったおみくじの引き方、そして信じたいと思った結果こそが正しいと言えるのかもしれませんね。

こちらの記事も参考になります。
おみくじが悪かった場合に引き直しちゃったら引いた後のはどうする?

スポンサーリンク
follow us in feedly

関連記事

関連記事

隅田川花火大会を特別観覧席で見るには?

いまならあなたにもチャンスあり! 2014年の隅田川花火大会は7月26日です。 良い

記事を読む

勝浦ひな祭りで雨天でも楽しめる屋内の会場はどこに?

千葉県勝浦市で毎年2月下旬から約2週間開催される かつうらビッグひな祭りと言えば、屋外の階段

記事を読む

札幌雪祭りを子連れで。子供の服装と会場へのアクセスで楽な手段は?

さっぽろ雪まつりは大通公園だけではありません。子供と一緒に遊べる会場があります。そこで目いっ

記事を読む

北野天満宮梅花祭の野点への参加は作法を知らなくてもOK?

Photo by cyesuta [/caption] 北野天満宮は、学問の神様で知られる菅

記事を読む

目黒川のお花見クルーズでライトアップされた桜を楽しもう

目黒川のお花見は昼間だけでなく、夜桜も人気があって毎年混雑します。 人混みの中を散策し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑