旅行

卒業旅行に行ったら英語ができない友達が私にブチ切れ!?

更新日:

大学の卒業旅行で、私と友人の2人でニューヨークへ1週間行ってきました。

私は今までに3回ほど行ったことがあったので、土地勘もありましたし現地に友人もいました。一方友人は初ニューヨークで、しかも英語もまったくダメ。100%私に頼っていました。

ニューヨークで頼られるなんて、嬉しいなあとこのときは呑気に考えていました。

スポンサーリンク

卒業旅行に行った友達が英語できず通訳係に

いざ到着し散策が始まると、流行、文化、ビジネス、ファション全てが最先端のニューヨークに2人して大興奮。何度きても新しい発見があるとショッピングしていると、友人がさっそく何か買おうとしていました。

旅行は財布の紐もゆるくなるよなーなんて思いながら回っていると、突然レジの方から会計中の友人に呼ばれました。何事かと思うと、英語が分からないから会計を代わってほしいと言うのです。

分からないって、、会計で使う英語なんて限られてるし、身振り手振りで分かるでしょう。と口には出しませんでしたが、まあ初めての場所だし仕方ないとも思い、軽く済ませていました。

その日は1日ずっと、自分の買い物に関係なく会計はすべて私が代わっていました。ここまでの移動から地下鉄の乗り換え、お店の確認や予約、人とのやりとりなどすべて私が行っていたので、思ったより疲れました。

次の日は美術館に行くということになりました。その日は目的地に行く途中で私が少し道に迷ってしまい、予定時刻に到着できませんでした。そのことを伝えると友人は、人が変わったかのように態度が急変し、一気に不機嫌に。

それは美術館に着いてからも続き、一緒に回ろうと言っていたのに気がつけばひとりでふらふらどっかへ行ってしまい、まともに口をきいてくれなくなっていました。

確かに歩かせてしまったのは悪かったけど、今までの私のあなたへのフォローに比べたら、全然大したことないじゃないですか、、。と不服に思いながらも少しずつ機嫌を直してもらい、その日も1日彼女を気にしながら過ごしました。

スポンサーリンク

友達がブチ切れ!私は悪くないよね?

そんな調子で残りも1日になった日に、彼女がレストランに傘を忘れてきたと言うのです。

忘れたことと傘の特徴(といってもただのビニール傘)を伝えたのですが、もう店じまいなので明日また来てくれ、ただ他の人のと一緒にしているので、その時までキープできてるか分からないと言うのです。

横でわけがわからず聞いていた友人は、状況も飲み込めずイライラ。さらに明日まであるか保証できないらしいと伝えると、日本語でブチ切れ。

私に。

え、ちょっと待ってよ?そんな切れられても困るし、てか傘忘れた自分が悪いんじゃないの、、。結局「もういいっ」と言い出て行ってしまったのです。

友人がこんなに自分勝手な人だったとは、、。
この時さすがに何か言っておけばよかったのですが、すべて任されているうちに私がしっかりしなきゃ、と無駄な責任感がでてしまっていたため、また私が機嫌を取る羽目に。その一週間はまるでガイド役そのものでした。

せっかくニューヨークに来たのに、いい思い出が無いなと感じながらあっという間に日本へ到着。もうこの人と旅行することはないだろう、、そう思っていた別れ際に

「今回の旅行はイマイチだったね。〇〇に頼ってニューヨーク行ったのに全然詳しくないし。傘はなくすし。私1人で行った方がよかったかも。」

そう言われたのです。耳を疑いました。一度迷子になったことと傘の件をずっと根にもっており、そのせいで旅行すべてが楽しくなく、それは私のせいだと。

呆れて怒る気にもなれず、何も言わずその場を去り、彼女の連絡先を消しました。当たり前です。

さいごに

学校生活だけではどれだけ仲が良かろうと、人の本質って分からないものだなと、この経験を通じて学びました。

次回こそはちゃんとした友人と行きたいと思います。

スポンサーリンク

-旅行
-

Copyright© キョウミのトビラ , 2018 All Rights Reserved.