健康

汗アレルギー対策で夏の出費がえらいことに!自分の汗が恐ろしい…

更新日:

私にとって夏ならではの悩みは汗です。

もともとアトピー性皮膚炎のため、皮膚のバリア機能が弱くアレルギーを起こしやすい体質で、毎年夏になると暑さかでる蒸れや汗によってあせもができたり、痒みががひどくなったりと夏は苦手な季節です。

そんな最中、去年の夏頃に今までにないほどの全身に痒みと赤みがでました。

今まで使用していた薬もあまり効かなかったため、心配になり皮膚科を受診したところ、なんとその痒みと赤みの原因が自分の汗にアレルギー反応を起こしていると言われました。

この対策のために私の夏はとても怖いものになりました。症状もそうですが、もろもろの出費がとんでもないことになったからです!

スポンサーリンク

自分の汗でアレルギー反応が出て対策したことは?

対策として、こまめにシャワーを浴びるかこまめに汗を拭きとる、もしくは汗をかかないという無理難題を突き付けられ、大変ショックを受けました。

自宅にいる際はこまめにシャワーを浴びることはできますが、外出時はなかなかシャワーを浴びることがかなわないため、制汗シートはこまめに使用するため必需品となり、服装はできるだけ薄着を心掛けました。

その甲斐あってか、痒みや赤みは大分とマシになり、ひと安心と思ったのですが、なんとその汗を皮膚に触れさせる時間を短縮するために心掛けしていたことで別の問題が!

出かける前にせっかく塗った日焼け止めが制汗シートによって落ちてしまうのです。さらには薄着による露出面積の増加により、日焼けをしてしまいました。

すぐに色素が沈着してしまう肌質もあり、気づけば色黒になっていたのです。年齢も人並みに重ね、もう若くないため、日焼けがひくのも遅く、その皮膚の黒さはいつまでも残り、いつの間にか地黒肌になってしまいました。

汗の対策には注目していたけど、日焼けのことまで気にしていなかったことが大失敗。汗を拭きとったり、服装をできるだけ薄着にする場合は、日焼け止めもこまめに塗るべきでした。

しかも、タンクトップやTシャツ、さらには時計の跡が残る日焼けの仕方をしてしまったため、友人と行った海やプールでは水着になるのが恥ずかしくなりました。

せっかく可愛い水着を新しく買ったのに、日焼け跡を隠すためにチュニックやワンピースを着て水着を隠さなくてはいけないんです。残念でなりません。

スポンサーリンク

夏の汗アレルギー対策で出費を考えると今から恐ろしい…

自宅にいるときも思わぬ影響が出ました。

汗をかかないように今までは扇風機だけで過ごせたような日でさえ、1日中クーラーはつけっぱなしなのです。それは当然電気代に跳ね返ります。

家事で動き回って汗をかくため、1日に何度もシャワーを浴びるひつようがあります。これは水道代に響きました。さらには、こまめに汗をふきとるために制汗シートは必需品なうえに消耗が激しく、日用品代までも家計を圧迫するのです。

自分自身の汗にアレルギー反応が出るために、去年の夏は日焼けに出費にと多方面から踏んだり蹴ったりでした。今年は日焼け止め代も加算されてしまうことが今から目に見えています。もうすでに今から夏がくることがとても恐ろしいです。

さいごに

反省点は、痒みと赤みを軽減させるために行った「汗をできるだけかかない」という行為だけに着目したことです。

今年は去年の反省を活かして、日焼け止めもこまめに塗ること、クーラーがかかった公共施設などに積極的に出向くことで電気代と水道代をできるだけ通常時より増やさないように努めるという2点です。

アトピー性皮膚炎を持病としてお持ちの方はさらに保湿も大事ですので、お風呂あがりの保湿もしっかりしていただくと症状もマシになるかと思いますよ。

スポンサーリンク

-健康
-

Copyright© キョウミのトビラ , 2019 All Rights Reserved.