インフルエンザ予防接種で腫れる理由と副反応への対処

公開日: : 最終更新日:2015/11/23 健康

f434cd7d4c7d05748053606806d57893_s

インフルエンザにかかったときのつらさを味わいたくないですよね。

毎年きちんと予防接種を受けているが、毎回のように腫れてしまう。そんなことってありませんか?腫れるだけならまだしも、かゆみもあると厄介なんですよね~。

ひどい場合は肘や肩にまで広がってしまうこともあって、実際に自分がなるとちょっとビビります。

どうやら病院によって腫れたり腫れなかったりということもあるようで、なぜそんなことになるのでしょうか?

腫れにくい注射の打ち方や、腫れてしまった時の対処などを見てみましょう。

スポンサーリンク

インフルエンザ予防接種で腫れる理由

インフルエンザの予防接種をうけて翌日くらいに腫れることがあります。これは副反応というものなのですが、その症状は必ず起きるというわけではありません。

抗体の有無によって腫れる腫れないが変わる

その年によって腫れたり腫れなかったり、起きる人がいれば起きない人もいます。そして腫れる理由は、ワクチンの型の種類とそれに対する抗体の有無によって決まります。

そもそも「腫れる」というのはワクチンに対して抵抗しようと頑張っている過程で起こる現象です。

注射されたのがあなた身体にとって未知の型のウイルスだと、抗体を作ろうとします。そのときに腫れたり熱が出たりするというわけです。

つまり抗体がない場合に軽い腫れや発熱がおきるのは正常な副反応ということす。

予防接種で注射するのワクチンというのは毒性をなくしたインフルエンザウイルスのことで、無害ではあってもウイルスです。

過去にインフルエンザにかかったことがあって、すでにそれと同じ型の抗体が体内にある場合は腫れることはありません。

だいたい3~4日ほどで腫れや発熱は引いてくるはずです。それを超えても収まらなくて心配なら、予防接種を受けた病院に相談してみましょう。

注射のやり方でも腫れる腫れないが変わる

また腫れやすい、腫れにくいというは、注射針のやり方によって違います。

  • ワクチンを皮下組織に注入する、皮下注射
  • ワクチンを筋肉の筋層内に注入する、筋肉注射

どちらが腫れやすいかというと、皮下注射です。そして今多くの病院では皮下注射で予防接種を注射されます。もう前提から腫れやすいということなんですね。

見た目でどちらのやり方かを判断するには、注射針の角度を観ます。10~30度の角度で刺していれば皮下注射、45~90度の角度なら筋肉注射です。

病院によっても方針の違いでどちらにするかはわかれるようです。事前に確認できるなら筋肉注射を実施している病院の方が腫れにくいといえますね。ただし筋肉注射の方が痛いです。覚悟を。

なお、皮下注射でも深めの位置だと腫れにくいと言われています。

インフルエンザ予防接種の副反応で腫れたら

腫れたとしても、特に何もしなくても数日で治まってきます。が、何もできることがないのというと、多少は対処できることがあります。

それは冷やすことです。とはいっても氷や保冷剤でがっちり冷やす必要はありません。というか、やってはいけません。

塗れたタオルや冷感性湿布薬を貼る程度のやんわりとした冷やし方で十分です。

他には安静にしていること、でしょうか。抗体を作ろうとがんばっているときに激しい運動をしたら良い影響がなさそうなのは、想像できますよね。

最悪の場合は過剰な副反応が起きて重篤な状態にまでなる可能性があります。予防接種を受けた日くらいは身体をいたわってあげましょう。

もし腫れが毎年必ずあるなら、予防接種を受けるのをやめるというのも選択肢として考えられます。

必ず受けなければならないというわけでも、やったら必ずかからないというわけでもありません。事情を話せば「なら予防接種はやらなくて良い」と指示してくれる医師もいます。

「受けない方が良い」というのは、アレルギー体質の人にも言えることです。

スポンサーリンク

インフルエンザの予防接種で肘まで腫れたらどうする?

安静にしていても広範囲にわたって腫れてしまうことがあります。

この場合は副反応というよりもアレルギー反応かもしれません。じつはインフルエンザワクチンを作るのにたまご(鶏卵)が使われています。

だから卵アレルギーの人はこのような症状が出ることがあります。大人は大丈夫でも、子供はダメという場合もあるので、アレルギーがわかっているなら事前に相談しましょう。

あと広範囲の腫れだけでなく、痛みを伴ったり吐き気があるような強い反応が起きたときも念のために状態を医師に伝えておくと安心ですね。

まとめ

インフルエンザの予防接種を受けたときに腫れる症状についてみてきました。

予防接種のあとは腫れる、という場合でも数日で治まるのがふつうなので、体調に大きな変化がなければ様子見でよいということでしたね。

もし毎年のように腫れるということであれば、アレルギーの可能性もあるから受ける前に医者に相談しましょう。

予防接種は、体調を壊してまで受けるようなものでもありませんから。

関連: インフルエンザの予防接種で運動は翌日OK?当日はなぜダメなの?

スポンサーリンク
follow us in feedly

関連記事

関連記事

ビーポーレンとは何か?栄養と注目の効果

ビーポーレンって知っていますか?例によって海外のセレブに愛用者が多いことで人気のスーパー

記事を読む

骨折すると出る寒気や吐き気の症状はヒビ程度でも同じ

Photo by thomaspetermueller [/caption] テーブルを思い

記事を読む

暑い日のウォーキングの日焼け止めと紫外線対策で忘れがちなこととは?

運動は毎日継続してやることが大事とは言うけれど、真夏の暑い日となるとキビしいものがありま

記事を読む

インスタントコーヒーのカリウム含有量が半端ないってホント?

インスタントコーヒーのカリウム含有量はサプリメントより安上がりかも!? インスタントコーヒ

記事を読む

暑いのにクーラー使わない高齢者を説得するには?

夏になると熱中症で高齢者が入院したとか亡くなったというニュースが流れます。両親など身内にエア

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑