骨折を早く治すには?

公開日: : 最終更新日:2015/11/20 健康

Metabolism photo

骨折をしてから日々「早く治らないかな」と考えています。

骨が早くくっつけばよいのだから、カルシウムをたくさん摂れば早く治るだろうと考えるのは安易な考えです。

実際は、いくら栄養をとっても回復の速度には限度があります。治りが遅くなる要因はたくさんあっても、早くなる方法はそうそうありません。

スポンサーリンク

骨の治癒は代謝による細胞組織の入れ替わり

骨折を早く治すには、骨を構成する栄養素を積極的にとるようにすればいい。まずこう思います。でも人間が1日に必要な栄養素の量には上限があるし、骨を作る速度にも限度があります。

とはいっても栄養を摂らなければ回復速度や骨の質にも係わってくるので、知っておいても損ではないですね。

骨の成分は?

Wikipediaを頼りに骨にかかわる栄養素を調べてみました。

主成分はリン酸カルシウムである。そのため、骨形成にはカルシウム、リン、ビタミンDの摂取が不可欠である。
骨 Wikipedia

また、コラーゲンも骨には必要だそうです。

主に脊椎動物の真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質のひとつ。
コラーゲン Wikipedia

この中で自分がいま摂れていると思う栄養素はカルシウム、ビタミンD、コラーゲンです。

リンは多くの食品に含まれています。バランスの取れた食生活をしていれば不足することはほとんどないようです。逆に、食品添加物としても使用されているので摂りすぎを気をつけたほうがよいみたいです。

参考:「健康食品」の安全性・有効性情報

栄養を摂ればいいって物じゃない

じつは骨折が治るスピードと栄養の量はあまり関係がありません。

重要なのは骨の組織ができあがるスピード、つまり代謝だからです。汗をよくかく人のことを「代謝がいい」と言いますが、それとは微妙に違います。

急激に細胞を作る速度を上げることは無理なので、できることといえば適度に身体を動かして正常な代謝スピードを保つくらいではないでしょうか。

もし意識的に細胞分裂のスピードを変化させる方法があれば、骨折も早く治るとは思いますが。

スポンサーリンク

最善策は規則正しい生活と患部を動かさないこと

消極的ですが、これが一番です。

なにより栄養をしっかりとって適度に身体を動かすことです。栄養が足りなければスカスカな骨にしかならないでしょうし、動けるのにベッドの上でじっとしていては代謝が落ちます。

とくに太陽の光を浴びるために外に出たほうがいいです。なにせビタミンDは体内で作り出すことができない栄養素ですから。

そして患部は動かさないこと。痛みがなくなったからといって患部を動かす行為は、自ら直りを遅くしているようなものです。

これは例えるなら、壊れたものに接着剤を使ったのに乾ききる前に動かすようなものです。100%の強度が得られないのは想像できますよね。それと一緒ですね。

関連:
骨折が治ってから2か月でどうなった?後遺症は?
簡単に骨折する方法?割に合わないからやめた方がいいよ
骨折すると出る寒気や吐き気の症状はヒビ程度でもある

スポンサーリンク
follow us in feedly

関連記事

関連記事

骨折が治ってから2か月でどうなった?後遺症は?

骨折をしたのが2015年5月20日(水)です。その時のことは「骨折すると出る寒気や吐き気の症

記事を読む

アララ ミューズリーがおすすめではない3つの理由

ミューズリーのおすすめメーカー、alara(アララ)を試してみたところ、気になる点が3つほど

記事を読む

花粉対策メガネの花粉を落とす、いくつかの方法

花粉症初心者にとっては盲点? 花粉症がきつくて花粉対策メガネをしているのに、そのメガネに花

記事を読む

加齢臭、再び。こんなところからも出るのか!

いままで気にしなかったアレも加齢臭用に変える必要あるかな? 落ち着いていた加齢臭が強烈にな

記事を読む

唇の皮むけの原因はリップクリームにあり?乾燥を防ぐには?

Photo by the Italian voice [/caption] 子供のころはリッ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑