ノンアルコールビールが缶ビール用ビアサーバーで劇的変化!

公開日: : 最終更新日:2016/03/17 雑貨

beer photo

缶ビールで使えるハンディビアサーバー「コク泡」を使ってみました。ただしノンアルコールビールで。

「どうせオモチャだろう?」期待せずに使ってみると、これが予想以上に良い!

テクニック不要。誰でも簡単にきめ細かい泡を作ることができます。ビールでもノンアルコールビールでもどちらも使えて、味がまろやかになります。

これまで「ノンアルコールビール嫌い」「ドライビール嫌い」と言っていた自分も一口飲んで認識が変わってしまいました。泡が美味い!

スポンサーリンク

泡でこんなに味が変わるのか!と驚きを共有したい

ビールの泡をきれいに作るワザを「ビールを美味くする泡の注ぎ方は?」で試しました。一発成功とはいかず、数回ですが練習が必要、コツをつかむまで必ずしもきれいな泡ができるとは限らない、という結果でした。

今回購入したハンディビアサーバー「コク泡」を使ったら、こんな練習やらコツは不要です。泥酔していてもコップに注ぐことができればほぼ失敗はありません。

しかもキメ細かい泡の効果か、味もまろやかになったように感じます。

グリーンハウス 缶ビール専用ハンディビアサーバー コク泡

パッケージなどの画像です。

2015-07-24 16.49.04

2015-07-24 16.49.17

2015-07-24 16.49.51

2015-07-24 16.49.30

セットするとかんな感じ。今回はノンアルコールビールですが、本来は缶ビール。
2015-07-26 21.01.49

普通に注ぐときにはランプが消灯しているときに。
2015-07-26 21.07.35

泡を注ぐときにはランプが転倒しているときに。
2015-07-26 21.07.37

ビールだけじゃない!ノンアルコールビールにも使えた

ビールで使っても当たり前なので、ここはあえてノンアルコールで試してみました。

「コク泡」が対応している缶はキリン、アサヒ、サッポロ、サントリー各社のタイプなのでアルコール入りだろうが、アルコールなしだろうが、同じタイプの缶なら大丈夫なんでしょうけど。

普通に注いでも多少泡が立ってしまいますね。
2015-07-26 21.00.59

画像では伝わりにくいかもですが、泡は結構きめ細かい。
2015-07-26 21.05.59

時間が立って泡がなくなったら、ランプ点灯状態で泡だけを注ぐことも簡単にできます。

欠点としては、普通に注いでも少し泡が立ってしまうことと、「コク泡」にセットしたままだと最後の1滴まで注ぐのは難しいということです。

最後の最後は「コク泡」から取り外して注がないと缶の中にはほんのちょっぴり中身が残ってしまいます。

BBQや宅飲みするなら買っておきたい「コク泡」

買うまでは「どーせオモチャだろう」とほんとに馬鹿にしていました。

でも何の苦労も無く、まろやかで美味しい味に変えてしまうのを一度経験してしまうと「買ってよかったな」と素直に思いました。

分解して洗うこともできるので清潔さも保てますし、なにせ操作が簡単。家で毎日の晩酌に使っても良いです。アウトドアならキャンプにいったらBBQ、そしたらビールですよね?この泡は絶対に喜ばれます!

アルコールが飲めなくてもノンアルコールビールで見た目はまったくビールそのもの。ビールだけでなく泡がノンアルコールビールだって美味しく変えてしまいます。

コスパの良い今回の買い物は、ちょっとテンションあがってしまいました。

スポンサーリンク
follow us in feedly

関連記事

関連記事

メガネフレームの修理が無料の境界線と溶接部分や鼻あて修理の値段

メガネを踏んでしまったためにグニャリと歪んでしまいました。レンズは割れなかったため、同じフレ

記事を読む

お玉以外も置ける、何役もこなすスタンドに興味津々

Photo by Didriks [/caption] 料理をしているときのお玉や菜箸の置き

記事を読む

シーズン前の今だからこそ虫よけについて考える

Photo by chez_sugi [/caption] さあ、夏に向けて戦闘準備開始!

記事を読む

デッドスペースを使い尽くせ!収納力抜群本棚付きデスク

本をたくさん持っていると収納に困ります。当時自分はコンピュータ系の技術書を含めて200冊以上

記事を読む

炭酸キーパーで”炭酸が抜けない”は本当?思い込み?

炭酸が抜けないアイテムに興味津々! Yahoo!のリアルタイム検索で見つけたキーワード「炭

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑