クリスマスの飾りはいつからいつまで?アメリカのクリスマスは?

公開日: : 最終更新日:2015/11/14 イベント

64bd8d075cb7c2e2d8b40a1e733aeafb_s

世の中はハロウィンが終わると、一気にクリスマスの雰囲気になりますよね。それに合わせて家の中も飾り付けるには、ちょっと早いような…。

室内の飾りつけはいつごろから始めたらよいのでしょう。そして、片づけるのはいつ?

よくわからずに周りの人が飾り始めるまで様子を見ているあなた、もうビクビクしなくていいですよ。

スポンサーリンク

クリスマスの飾りはいつから?

11月に入るとお店ではクリスマスデザインの商品や飾りつけが増えてきます。だからと言って自宅の飾りつけも始めるにはちょっと早いような気がしていませんか?

飾りつけは12月に入ってからという人もいれば、11月になったらソワソワしだす人もいて、周りの意見を聞いてみると面白いですよ。

クリスマスの飾りつけを始めるのにふさわしい時期というのは、日本では決まりは特にありません。アメリカのようにキリスト教をもとにする根拠はないので。

早い人でもだいたい11月下旬から少しずつ準備を始めれば問題ありません。

リースを玄関先につけたり、ツリーに飾り付けるなど徐々にクリスマス気分を盛り上げると長い時間ワクワクを持続させることができます。

一気に完成させるのではなく、”ちょっとずつ”がポイントです。飾りつけ自体を楽しんじゃいましょう。

クリスマスの飾りはいつまで?

それでは飾りを片付けるのも決まりがないの?というと、確かに決まりはありません。

でも日本の場合はお正月があるので、クリスマスのイベントが終わった瞬間にお正月モードへ向かいます。

そう考えると飾っていて良いのは25日まで。年が明けるまでは26日を入れても一週間も残っていません。急いで年末の準備、新年の準備に切り替える必要があります。

いつもクリスマスの終わりはあっけないものです。

スポンサーリンク

アメリカのクリスマスの飾り付けの期間はどうなってるの?

日本のクリスマスは、すでに書いたような感じで大丈夫です。本場アメリカではどうなのでしょうか?

アメリカでは、Thanksgiving day(感謝祭)が終わるとクリスマスモードに突入し、飾りつけが始まります。クリスマス(25日)を経てクリスマス休暇の間は飾っています。まあツリーの処分などの関係で地域によっては26日には片付けてしまうところもありますが。

クリスマスの飾り付けをキリスト教の側面から見るとやや事情が複雑です。キリスト教には大きくカトリックとプロテスタントと正教会があることは聞いたことがありますか?

カトリックとプロテスタントはグレゴリオ暦の12月25日をクリスマスとしていますが、正教会はユリウス暦の12月25日をクリスマスとしています。ユリウス暦をグレゴリオ暦に変換すると21世紀は1月7日になります。

なので、同じキリスト教でもクリスマスの飾りが新年を迎えても飾られていることがあるわけです。

改めて整理すると、クリスマスの期間はこうです。

待降節:クリスマスの4つ前の日曜日からクリスマス・イブまでの期間。クリスマスの準備をします。
主の降誕:クリスマス。イエス・キリストの誕生を祝う日。グレゴリオ暦の12月25日。
降誕節:クリスマスから主の公現までの期間。
主の公現:イエス・キリストが神として現れた日。1月7日。ユリウス暦の12月25日。

キリスト教を意識してクリスマスの飾り付けをするなら、最長で待降節から主の公現の間、ということになります。

まとめ

最後ややこしいことを書きましたが、日本では11月下旬から12月25日までクリスマスの飾りつけをしていて大丈夫です。

クリスマス気分を存分に楽しむなら飾りつけをちょっとずつやることです。少しずつ気分を盛り上げていくことで、ずっとワクワクした気分でいられます。

とはいえ室内は外から見えません。やりたければ11月に入ったらすぐ飾っちゃえばいいんじゃないっすかね(すっとぼけ)

クリスマスグッズ・イルミネーションの☆超激安販売!

スポンサーリンク
follow us in feedly

関連記事

関連記事

小山の花火の日程は?駐車場の到着と場所取りは何時ごろが良い?

おやまサマーフェスティバルの花火は50万人を超す人が訪れる人気の花火大会です。車なら駐車場の

記事を読む

目黒川でお花見しながらお弁当するには見頃から少しずらそう

目黒川沿い3.8kmにわたって約800本の桜が咲き乱れます。川の両脇から身を乗り出すよう

記事を読む

六義園しだれ桜の見頃と日中の花見で混雑を避けられる時間帯

都内できれいなしだれ桜が見たいといわれたら、六義園の一本桜ははずせないでしょう。 しだ

記事を読む

鯉のぼりは雨の日も飾りっぱなしOK?意外に大変な現実が…

初節句を迎えた男の子。鯉のぼりを飾ってあげたくなるのが親心です。安くはありませんが、子供のた

記事を読む

札幌雪祭りを子連れで。子供の服装と会場へのアクセスで楽な手段は?

さっぽろ雪まつりは大通公園だけではありません。子供と一緒に遊べる会場があります。そこで目いっ

記事を読む

コメントを残す

PAGE TOP ↑