ねぶた祭りで観覧席のおすすめは?個人席を買えるのはいつ?

公開日: : 最終更新日:2016/07/02 イベント

0996370ceff01068b976626bc52807b1_s

青森ねぶた祭りは、毎年200万人以上もの観光客が訪れるという人気の夏祭りです。それだけに混雑するため、小さなお子さんやお年寄りがねぶたをゆっくり見るには観覧席を予約した方が良いでしょう。

そこで観覧席のおすすめの場所と個人観覧席の販売開始日時などについて紹介します。少人数でねぶた祭りを観にいく参考にしてください。

スポンサーリンク

ねぶた祭りの観覧席でおすすめは?

せっかく有料観覧席をとるのだから、良い席でねぶたを見たいですよね。そのためには、どこでみたらよいのかを知っておく必要があります。

数ある観覧席の中で、最も盛り上がりそうな場所はアスバム通りと県庁前の交差点付近です。ここは道幅が狭く、間近にねぶたを見ることができるので、迫力があります。

また国道沿いの県庁前付近では、審査員席があります。少しでもよく見せようと気合が入るのはこの場所なので見ごたえがあるでしょう。

ただし、あえて審査が終わった8月6日夜の部にするというのもおすすめです。審査員の前では良く見せようと頑張りますが、審査のルール通りに「行儀よく」しています。審査が終わった6日夜なら審査はありません。多少ハメを外した姿が期待できます。

他にはNTT前や青い森公園前もメインストリートですから、おすすめです。

どこに席を確保するにしろ、小さい子供やお年寄りがいるならイス席よりも座ってくつろげる桟敷席の方が良いでしょう。長時間椅子に座り続けると疲れてしまいますからね。

(記事) 外でも簡単メイク直し♪一本で7役のオールインワンファンデーション

ねぶたの花火を観覧席で見るならどこがいい?

ねぶた祭りの最終日には、青森ねぶた祭協賛の青森花火大会が行われます。そこで花火が良く見える場所は?となると、青の森公園でしょう。

ねぶたも!花火も!と欲張りなあなたには、有料観覧席を取らずにラッセランドと青の森公園で両方楽しむという方法もあります。ラッセランドなら、その日に運行されるねぶたのほとんどを見ることができます。

ここから街に出るところを見たり、青森ベイブリッジの下をくぐるところを見るというのも普通とは違う風景で面白いですよ。

でもこれは身軽な人向けですね。家族が一緒だと移動が大変でしょうから。

スポンサーリンク

ねぶた祭りの観覧席が予約できるのはこの日時から

ねぶたの個人観覧席の予約販売は、10人以上の団体予約が終わった後です。10名以上の団体チケット買取りの一次、予約の2次が終わった後なので、けっこう後回しにされてしまいます。

発売時期は7月上旬とされていて、はっきりした日付は明記されていません。チケットは青森市内の旅行会社やチケットぴあ、ローソンチケットをはじめとする全国のコンビニで購入できます。

でも販売開始時期を忘れてしまいそうじゃありませんか?

じつは団体観覧席の2次募集に注目すると、もう少し具体的な目安を付けることができます。たとえば2016年の団体観覧席の2次募集は、次のようになっています。

  • 人数変更可能な日時 → 6月21日 午後5時まで
  • 料金支払い期限 → 6月28日まで
  • 人数変更可能な日付を過ぎると予約のキャンセル不可、払い戻し無し

ここから、少なくとも6月28日以降ということがわかります。この日以降に旅行会社へ具体的な日付を問い合わせてみるというのはどうでしょうか?

ちなみに過去には、6月下旬から個人観覧席が販売されていました。そこから2016年の販売開始日を推理してみましょう。この考え方をすれば、2017年以降の日付も導き出すことができるはずです。

2015年の販売開始は6月27日(土) 10:00でした。6月最終週の土曜日です。

これを元に2016年のカレンダーを見ると6月25日(土)です。これは料金支払い期限の28日よりも前になってしまいます。だから2016年の販売開始は6月25日の翌週となるはずです。

つまり7月2日(土) 10:00です。

さいごに

青森ねぶた祭りの観覧席でおすすめの場所と個人観覧席の販売時期について紹介しました。コンビニなどで購入する分には完売ということはありませんが、具体的な日時がわかっている方が予定が立てやすいですよね。

ぜひ家族旅行の計画の参考にしてください。赤ちゃんが一緒ならこちらの記事も参考になります。

ねぶた祭りで赤ちゃん連れの楽しみ方 見る日いつがいいとかある?

スポンサーリンク
follow us in feedly

関連記事

関連記事

クリスマスの一人の過ごし方は?

クリスマスにカップルで過ごす人たちが多い中で、一人で過ごす人もたくさんいます。 一人で

記事を読む

博多祇園山笠の見どころとルート おすすめのポイントも

博多祇園山笠は、毎年7月1日から15日まで福岡県福岡市の博多地区で開催されているお祭りで

記事を読む

うれしいひなまつり歌詞の間違いで雛人形の左右の位置が大混乱!

「うれしいひなまつり」という童謡の歌詞に間違いがあるというのは知っていますか?大きく2か所に

記事を読む

母の日のラッピングに使える100均アイテムは?

心を込めたプレゼント、オリジナルのラッピングに挑戦してみませんか? なにも高価なも

記事を読む

戸田橋花火大会の有料席で見るのと混雑を避けて無料で見るのどっちにする?

戸田橋花火大会は、いたばし花火大会と同じ日に開催されることからも人気があります。有料席の販売

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑