造幣局の桜の通り抜けで混雑を避けるならこの日このアクセスで!

公開日: : 最終更新日:2016/03/10 イベント

c172245f95f3939380593446ef4bd998_s

造幣局は桜の通り抜けは有名です。ここでしかみられない桜もあり、また通常のお花見よりも時期がすこし遅いのが特徴です。

短い期間しか開催していないので人が集中します。人混みのを避けて、造幣局へのアクセスの集中を避けるにはどうしたらよいのかを紹介します。

スポンサーリンク

造幣局の桜の通り抜けの混雑を避けるには?

大阪の造幣局で行われている桜の通り抜けは、毎年50万人以上が訪れています。見られる期間も1週間ほどしかないため、人出が集中します。

人出の多いときに行っても、人混みにもまれるばかりでゆっくりと桜を鑑賞するどころではありません。「通り抜け」というくらいなので、場所取りや宴会はできません。ゆっくり歩きながら鑑賞するのみです。

さて比較的混雑が少ないのは雨の日です。それも平日の。

「え~~~」とか言われそうですが、まさにそれが理由です。雨の日は外出したがらない人が多いので、人出がぐっと減るというわけですね。

たしかに傘をさすのは面倒だという気持ちもわかります。桜を鑑賞するにも邪魔ですしね。それでも晴れた日の混雑の中よりは、咲き誇る桜、珍しい品種の桜を存分に堪能できます。

ただし同じ雨の日でも週末はいけません。それなりに混雑する上にお互いの傘が邪魔になって気持ちよく桜を見るどころではありません。

造幣局の桜の通り抜けが開催される期間は1週間と決められていて、短いです。最適なタイミングを見つけて出かけるようにしましょう。

造幣局の桜の通り抜けへのアクセスは車と電車のどちらが便利?

先ほども書きましたが、50万人もの人が訪れます。さほど広くもないのに。

短期間の間に人が集中するので、ここへ行くまでのアクセスにも注意が必要です。おすすめなのは公共機関を使うことで、車で行くのは避けた方が良いでしょう。

電車での最寄り駅は京阪電車の天満橋駅、JR東西線の大阪城北詰駅があります。どちらも歩くと10分ほどの距離ですが、わかりやすくて便利なのは天満橋駅の方です。

天満橋駅から天満橋という大きな橋を渡っていくと造幣局の通り抜け入り口に到達します。入り口まで誘導するかのように出店が並んでいるので非常にわかりやすいでしょう。

もう1つの大阪城北詰駅です。こちらは土佐堀方面に下って、大川にかかる橋に行きますが、そこまでも距離があるのと橋が少し狭いのです。ベビーカーは避けた方がいいくらいです。

車の場合は周辺にコインパーキングや立体駐車場があります。が、お花見の時期は人出が多いためにすぐに満車になってしまいます。

結局は少し離れたところに停めて電車で行くハメになるでしょうから、はじめから電車を使うのが賢い選択と言えるでしょう。

なお「造幣局」「天満」だけを記憶して、JR環状線の天満駅に行ってしまわないように気を付けてください。「普通なら、そんなの間違えないだろ」と思うでしょ?周辺からくる観光客には違いがわからない、気づかないものなのです。

スポンサーリンク

造幣局の桜の通り抜けは所要時間どれくらい?

造幣局の桜は種類が豊富で130種類もあります。この品種の多さも人気の一つになっています。

通り抜けが開催されているのは、造幣局南門(天満橋側)から北門(桜宮橋側)への一方通行を歩いていく560メートルほどの距離で、普通の歩くスピードなら8分ほど、混雑しているときだとゆっくり歩いて10分くらいでしょうか。

造幣局は貨幣の製造や、よくテレビで報道されている功労者へ授与される文化勲章の製造、金属類の試験検定など、金属だけに少しお堅いイメージがありますが、長い歴史のある場所を桜を見ながら、ふと歩いてみるのもまた良いものです。

さいごに

混雑を避けるために雨の中出かけるとはいっても、どしゃ降りならやめておきましょう。春で暖かいとはいえ、雨で気温も体温も下がります。

風邪などひかないように気を付けて、楽しんできてくださいね。

関連:造幣局周辺のカフェ デートに使えるおすすめのお店

⇒ 造幣局で桜の通り抜けを楽しんだ後の観光スポットはこちら

スポンサーリンク
follow us in feedly

関連記事

関連記事

札幌雪祭りで履く靴と滑らない歩き方と防寒に適した服装は?

北海道の「さっぽろ雪まつり」が開催される2月5日~2月11日は、一番寒い時期です。雪国に慣れ

記事を読む

東京の桜が開花宣言で天気予報から花見に適した週末は?

2016年もついに3月19日、とうとう福岡と名古屋でサクラ(ソメイヨシノ)の開花が観測さ

記事を読む

なばなの里のイルミネーションは子連れなら混雑を避けたい

三重県にある「なばなの里」では秋から春にかけて、毎年イルミネーションが行われています。毎

記事を読む

恵方巻きを食べる作法と具材の意味は?

恵方巻きは関東の人には馴染みがありませんでした。最近はコンビニをはじめ、スーパーでも事前予約

記事を読む

ねぶた祭りで観覧席のおすすめは?個人席を買えるのはいつ?

青森ねぶた祭りは、毎年200万人以上もの観光客が訪れるという人気の夏祭りです。それだけに

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑