レジャー

イチゴ狩りでたくさん食べるコツは食べ過ぎない事!?

投稿日:

けっして安くはないいちご狩り。せっかっく行くのだから、たくさん食べて元を取りたいと思うのが人情ですよね。

ではどうやったらイチゴをたくさん食べることができるのでしょう?

個人差はありますが、教えた人は50~100個くらい食べることができたコツを伝授しますね!

スポンサーリンク

イチゴ狩りでたくさん食べるコツとは?

(1) お腹の準備運動をしておく

まず「たくさん食べるぞー!」と意気込む気持ちはわかりますが、何も食べずに空腹のまま食べ始めるのは避けた方が良さそうです。

人によっては朝から何も食べない方が良い人もいるでしょうが、小さなお稲荷さん(いなりずし)を1つとか、ほんの少しお腹に入れるとお腹が動き出します。

言ってみればオードブル。お腹の準備運動と「もっと食べたい」と食欲をそそるためのものです。

間違ってもお饅頭のような甘いものや腹に溜まるものは避けましょう。腹持ちが良すぎると逆効果になります。

(2) 大きさを厳選する

大きなイチゴを口いっぱいに頬張るのって、満足感があっていいですよね。でも「元を取る=(数を)たくさん食べる」という考えなら考え直した方が良いかもしれません。

大粒のいちごはすぐにお腹いっぱいになってしまったり、心理的に短時間で満足してしまいます。それで元を取った思えるなら良いのですが、そうでない場合は小粒のものを選んで食べた方が良いでしょう。

また品種にもよりますが、大粒のものは育ちすぎの場合があります。よく「大味」「味がない」「水っぽい」などと感じるものは大きい粒に多いですよね。

小粒なものの方が味が濃く、また味が良いことが多いかなと個人的には思います。

スポンサーリンク

(3) 味を変える

正直に言えばどんなに大好きなイチゴであっても、ずっと食べ続けていれば飽きてしまいます。だって同じ味なんですもん。

そこで味に変化をつけて気分を変えてみましょう。

練乳は定番ですよね。でも最初から練乳をつけてはいけません。(1)で「お饅頭のような甘いものや腹に溜まるものは避けましょう」と言いましたが、甘みは満腹感を早く感じやすいからです。

なので最初は何もつけずに。

飽きてきたら練乳を使いましょう。そのときも練乳をたくさんつけたり、練乳をつけたいちごを何個も食べてはいけません。早く満腹感を感じてしまいます。

気分を変える箸休めのつもりで練乳を使いましょう。悪意を持っていえば「お客に量を食べさせないために練乳を使わせている!?」のです(笑)

さいごに

食べ放題にありがちなワナとして「食べ過ぎてはいけない」と、最後に忠告しておきます。ここぞとばかりにムキになって食べて気分が悪くなったり、おなかを壊したりする話はよくききます。

イチゴは水分が多いのですし、摂りすぎると下痢になりやすい栄養素が含まれていたりします。利尿作用なども関係してきてトイレが近くなってしまう可能性は高くなります。

せっかくの楽しいいちご狩りも最後がお腹を壊した思い出ではつまらないですから、ほどほどにしましょうね。

スポンサーリンク

-レジャー
-

Copyright© キョウミのトビラ , 2019 All Rights Reserved.