無趣味な父へのプレゼントの選び方は持ち物へのこだわりがポイント

公開日: : イベント

e96729a190b3003646be6c0e5635069f_s

お父さんに趣味がないと、何かプレゼントをするときに悩んでしまいますよね。

趣味がなくても好きなもの、好きなブランドとかがわかれば選びようもあるのですが…。お父さん世代の男性には趣味がないとか、ごく限られたものにしか興味がない方も多くいます。

そんなお父さんへのプレゼントはどうやって選んだらいいのか、そのヒントを紹介します。

スポンサーリンク

無趣味な父へのプレゼントはどうする?

これといった趣味がない父親だと、父の日や誕生日のプレゼントに頭を悩ませしまいます。最終的には定番のお酒や消耗品でごまかしたり、贈る張り合いがないからと贈るのをやめてしまうかもしれませんね。

逆に趣味に合わせたプレゼントを選んだとしても、好みに合わないからと使ってもらえないこともあります。母親へのプレゼントでも同じように好みに合わないということもありますが、男性と女性では「好み」の意味に違いがあります。

その辺を抑えつつ、父親へのプレゼントには次の2つに注意して選ぶようにしてみてください。

  • 長く使えるもの
  • 愛着がわくもの

同じように思えるかもしれませんが、微妙に違います。

長く使えるだけのものなら、ただ丈夫なだけで十分です。たしかにそういうものが好みの人もいますが、それだけでは使い続けることができません。飽きたら終わりです。

そこで長く使い続けていると愛着が出てくるものだと、大事にしてくれるようになります。

たしかにあなたが贈ってくれたものなら何だろうと大事にしてくれるでしょう。愛着をもってくれるでしょう。

その上で、さらに喜んでもらえるものを選ぶコツを紹介します。

男性へのプレゼントの選び方のコツ

最初に、男性の感覚の違いを紹介します。

例えば「かわいい」という言葉がありますね。若い女性の場合は「かわいい」「やばい」で会話が成立するくらいたくさんの意味を持たせることができますし、よく使いますね。

この「かわいい」の男性版が「かっこいい」です。つまり父親へのプレゼントの基本は「かっこいいもの」を選ぶことです。でもここで勘違いをしてはいけません。女性が考える「かっこいい」と男性が考える「かっこいい」は違います。

ついデザイン的に「かっこいい」と考えてしまいがちですが、ポイントはそこではありません。いや、確かに間違いではないのですが、最重要ではないのです。

男性にとっての「かっこいい」は、デザインやブランドよりも機能的かどうかが関係してきます。

たとえば、男の子ってロボットみたいなものが好きですよね。あれは見た目のデザインが「かっこいい」のもありますが「動く」「変形する」「中に入れる」みたいな機能の有無が重要なんです。

大人になってもこの路線は変わりません。心のどこかでこういうものに魅力を感じています。

別の例で言えば車です。ドイツの車は無骨ですが頑丈ですし、アメリカの車はすぐ壊れて手がかかりますが、自分でメンテナンスするのが楽しみの一つです。どちらも子供のときにテレビで見たロボットに通じるものがあります。

男性はこういうものに愛着を感じて、使い続けるのです。だからプレゼントを選ぶときのコツとして、次の3つを頭に入れておきましょう。

  • 便利なもの
  • 機能的なもの
  • 丈夫なもの

やっかいなことに、この3つがそろっていても必ずしも愛着を持って使い続けてくれるとは限りません。男性にはそれぞれこだわりがあるのです。

スポンサーリンク

男の持ち物にはこだわりがある

男性の場合は、自分が気に入ったものを見つけるとそれをずっと使い続ける傾向があります。壊れたりなくしたりしても同じものを買い求めてまで使い続けることもあります。

また、他の物を買うときにも同じブランドから選ぶ傾向もあります。

たとえば家電でソニーの製品が気に入ったら、他のもソニー製品を買うようなことはありませんか?女性が「部屋のカラーを白で統一したいから家具の色も揃えたい」と考えるのと同じようにメーカーを揃えたがります。

無趣味の男性の場合は、冒険心よりも安心を求める方が強いことがあります。目新しい物より慣れ親しんだものがいいんです。使い方がわかりにくい物より見てすぐ使えるものが安心します。

だからプレゼントを考えるときにも、見た目より「地味だけど手触りが良い」「この素材の優れているところはここ」のようなところに目を向けてみるようにしてみましょう

さいごに

お父さんへのプレゼントの場合は「新作の!」とか「有名デザイナーの!」みたいなものより「便利!」「使い勝手が!」「素材が!」「作りがていねい!」のように一目見てもわかりにくいところに惹かれます。

このブログでも、そこに共通しそうなモノに関する記事を書いています。自分は、天然のものや手作りのものに惹かれる傾向にありますね。値段に限らず良い物、手のかかっているものを選ぶと大事にするので、結果的に長く使い続けているものが多いです。

革製のiPhoneケースを一年以上使い続けた結果
生成りヌメ革の小銭入れ 日光浴3週間後
革靴を大事にしたいから、自分専用の靴べらを携帯する

誕生日や父の日は毎年のことなので、お父さんへのプレゼントに悩んだ時の参考にしてみてください。

スポンサーリンク
follow us in feedly

関連記事

関連記事

広島フラワーフェスティバルの楽しみ方と気になるゲストは?

広島フラワーフェスティバルはGWにたった3日間の開催で160万人も訪れます。この時期のお祭り

記事を読む

ホワイトデーの簡単レシピはレンジで溶かすだけ炊飯器に入れるだけ

バレンタインにチョコをもらったからホワイトデーのお返しはどうしても手作りのお菓子をあげたい?

記事を読む

汐入公園で隅田川の花火は混雑を避けて場所取りと最寄り駅へ帰りも楽チン

隅田川の花火大会を芝生の上に座って(場合によっては寝転んで)ゆっくり見たいと思いませんか?そ

記事を読む

代々木公園の花見で場所取りも買い出しも欲張るならここ!

ゆったりとお花見をしたい人におすすめなのが代々木公園です。上野公園のように狭いところでひしめ

記事を読む

東白髭公園の鯉のぼりフェアでスカイツリーと鯉のぼりの写真を撮ってきた

地元墨田区の「すみだ鯉のぼりフェア」を初めて見ました。快晴の子供の日ということで親子連れと、

記事を読む

コメントを残す

PAGE TOP ↑