生活

妊娠中に避ける飲み物はお茶 探せば飲んでもいいお茶も!

更新日:

妊娠中はお茶は飲んじゃダメとか聞いたことがありませんか?

お茶に含まれるカフェインが、飲んではいけないと言われる理由の1つです。あなたはカフェインと言って何を思い浮かべますか?コーヒー、お茶、紅茶、どれも良く飲まれていますし、すべてカフェインが入っていますね。お茶だけでも様々で、玉露・ほうじ茶・煎茶・玄米茶・麦茶とたくさんあります。

これら全て、妊娠中は控えなくてはいけないのでしょうか?

私も「お茶にはカフェインが含まれているから飲まない方がいい」とは聞いたことがあって、実際に何を飲めばいいのだろうと困惑しました。元気な赤ちゃんを産むために、出来るだけ母体に悪影響のあるものは避けたいですものね。

わからないことだらけの妊娠中に飲み物や食べ物で悩んでいるお母さん方、そこのところをはっきりさせましょう!私が自分で調べてわかった「お茶は飲んで大丈夫なのか」「カフェインてホントにヤバいの?」などについて話していきます。

スポンサーリンク

妊娠中に避ける飲み物はお茶 その理由はカフェイン
妊娠中はカフェインだめと諦める前に

お茶は、適切な摂取量を守れば妊娠中に飲んでも大丈夫です。

妊娠前であれば、妊娠を助ける葉酸が含まれていることは覚えておいて損は無いかもしれません。また、殺菌作用や免疫力を上げてくれる効果があったりと私たちの体を健康にしてくれています。

ご存知のようにお茶にはカフェインとカテキンが含まれているものが多いので、妊娠中の過剰摂取は早産や流産の起こしてしまう可能性が高くなります。合わせて、カフェインが赤ちゃんに伝わると発達障害の原因にもなります。妊娠初期は特に気を付けてくださいね。

「カフェインはだめ!」と思っていたり、含有量をいちいち気にしていたら何も飲めなくなってしまいます。日本でよく飲まれているお茶のカフェインの量はどのようになっているのか、まず見てみましょう。

10mg:番茶・玄米茶
20mg:煎茶・ほうじ茶
30mg:抹茶・紅茶
160mg:玉露
※100mgあたりのカフェイン量

玉露はコーヒーよりもカフェイン量が多く含まれています(コーヒーのカフェイン量60mg/100ml)。毎日飲んでいるお茶は上記以外にも代用できるものがあるので安心してください。

妊娠初期にカフェインを飲んでしまったとして、どのくらいなら平気?

100%カフェインレスの生活は難しいですが、危険な量を把握しておけば焦ることもありません。妊娠中、流産や死産のリスクが高まると研究結果で出ている量は1000mg/日です。

正直、はっきりとした研究結果は出ていないです。イギリスでは200mg/日、アメリカでは300mg/日までの摂取であれば大丈夫とされています。

海外の人とは体型が異なる日本人は、100mg/日以下とされており、お茶を飲むのであれば1日2杯以内に抑えるようにしましょう。100mg/日以上になると自然流産率が上がるというデータもあるようです。

最近では、自動販売機でも緑茶のカフェインレスのものが販売されています。成分をしっかり見て購入してください。お茶ではありませんが、意外と知らないのがチョコレートやココア、コーラもカフェインを含んでいるので気を付けてくださいね。

スポンサーリンク

妊娠中でも飲んでもいいお茶とは?

一息つきたい、落ち着きたい、体を温めたいという時に、妊婦さんが飲めるお茶をご紹介します。私も妊娠に興味を持ってから知ったお茶が沢山ありました。

・タンポポ茶:母体に必要な鉄分やカルシウムが含まれています。また妊婦に冷えは大敵ですが、体を温めてくれる効果があるので温かいタンポポ茶は女性にも人気が高いです。母乳の出も良くなるので、出産後も飲み続けるお母さんが多いです。

・ルイボスティー:ノンカフェイン・オーガニックで妊婦には優しいお茶です。鉄分が多く母体に必要なミネラルも含まれているので健康に効果的です。妊娠中の免疫力低下を助けてくれて、苦みがなく飲みやすいので積極的に飲んでください。

・麦茶:ノンカフェインであり、どのスーパーでも安く販売されているので多くの量を飲む人には需要が高いです。クセがなく飲みなれている人が多いです。「ピラジン」と言う成分が血の巡りを良くする効果を発揮します。

・ゆず茶:体が冷えた時に飲んでもらいたいのがゆず茶です。ビタミン・ミネラルが豊富なため、栄養を取りながら体もポカポカになります。ゆず茶は糖分が高いので、寒い日に飲むか糖分を控えめにして作るかで調節してください。

・ローズヒップティー:美容にも良く女性が好んで飲むハーブティーです。ビタミンA・C・Eやリコピン、βカロテンなどが含まれているので栄養補給ができます。ホルモンバランスを整えたり免疫力を上げる効果もあり、体に良いことが分かります。

私は妊娠前に「妊娠しやすい体を作ろう」と思い、3ヶ月ほど前からタンポポ茶とルイボスティーを飲み始めました。両方飲みやすいですが、いつも飲みなれていたお茶とは少し違いました。

冷めてもおいしいですが、私は温かい方が好きで毎回温め直して飲んでいました。麦茶に比べるとお値段は両方とも3倍ほどしますが、その分栄養価も高いので仕方がないですね。

さいごに

周りの先輩お母さんも飲んでいたので、良いものは真似をしていました。そのおかげで、妊娠もすんなりとすることが出来ました。

妊娠が分かったら体を冷やさないためにも、温かいお茶を飲みましょう。妊娠するとホルモンバランスが乱れて、冷え性がさらに酷くなることがあります。それにより、お腹が張ったり便秘や浮腫みにも繋がるので、体は常に温めておきましょう。

また、妊娠初期は悪阻によって味の好みが変わる場合があります。今まで飲んでいたものが飲めなくなったりする妊婦もいるので、上記のような妊婦でも飲むことができるお茶を色々知っておけば選択肢は広がります。

お茶は日本人の生活にとって、必要不可欠なものです。お茶には栄養価の高い成分が含まれていることが分かったので、気分転換も兼ねて様々なお茶を飲んでみてください。カフェインレスは妊婦だけでなく、妊娠予定の人にもぴったりですよ。

スポンサーリンク

-生活
-

Copyright© キョウミのトビラ , 2018 All Rights Reserved.