子育て

子供がご飯食べないのにお菓子ばっかイライラ もう作らない!

更新日:

皆さんの子供さんはご飯を食べてくれますか?子供のために作ったご飯を食べてくれると嬉しいですよね!
でももうすぐ3歳になる我が息子は、ご飯を食べないんです!

息子が好きなものを一生懸命作るも「いや」と言って食べない。

なんなの!?
イライライライラ…
「じゃあ、もう食べなくていい!!!」

終いには怒ってしまいます。「私のご飯、美味しくないのかな…」と落ち込んでしまうことも。同じような悩みの方、いませんか?どうかいてください、お願いします!

スポンサーリンク

子供がご飯を食べないくせにお菓子だけは欲しがる

息子が離乳食期には苦い野菜でも出されたものを何でも食べていました。

「この子、好き嫌いないんだ!何でも食べてくれて嬉しい!」と思っていたのですが、2歳を過ぎる頃から段々と食べなくなってきました。私は訳がわからないながらも、子供の成長のためになんとかご飯を食べさせようと試行錯誤します。

  • 子供が好きなものを作る
  • 口当たり良くするために野菜を細かく切る。時には全て潰す
  • 子供のご飯を食べるフリをして注意を引きつける

最終手段として、この3つでも食べない時は無理矢理口に突っ込む。
ええ、お叱りの言葉は覚悟しています。でも「子供のためにとにかく食べさせなきゃ!」とやってしまったんです...。

色々やりましたが結局は、ご飯が無駄になることが多い。そのくせお菓子は欲しがる。最初は怒ってましたが、それも虚しくなり怒ることに疲れて無表情になっていきました。

子供がご飯を食べないのでご飯作りたくない気持ちを優先させた結果

せっかく作ったご飯を食べてくれない息子に「食べなさい!」と怒るのが虚しく悲しくなった私は、子供のためにご飯作るの止めました!!

で、どうしたかと言うと...食事は私たち大人が食べたいものを作ります。そして子供には日持ちするレトルトカレーやふりかけを用意して「これ食べたい」欲求を満たしてあげました。

それすらも拒否し、りんごやイチゴなど果物を欲しがるようになり、最初は「ご飯食べるまでダメ!」と言っていました。でも「お菓子よりはマシだろう」と。その結果、晩ご飯がりんごのみという時もありましたね。

そうやって、一度開き直っちゃうと驚きの変化が!!

食べて欲しいのに食べてくれない!と焦ってイライラしてたのに「ご飯食べなくても死にゃしない!食べなくてもいいや。」と気楽に構えられてイライラしなくなったのです。

栄養面を考えるとどうなの!?と思われるかもしれません。でも、食べる方も食べさせる方も苦痛な食事の時間を続けると「ご飯の時間=苦痛の時間」になってしまうと私は考えました。

2歳、3歳ともなるとある程度は体が出来ています。少しくらい食べなくたって生きていけるのでは?(これは持論で、科学的根拠もなんもないので話半分で聞いてくださいね)

しばらくすると、またまた驚きの変化が現れます。ご飯の時間に私が食べているものを欲しがるようになったのです。食べているものをあげると「おいしい」と言って食べてくれました!!(泣きそうになりました!私の作ったご飯が美味しくないから食べないんだと思ってましたから!)

これはいつもじゃなくて気まぐれですが。それでもご飯食べなかった頃を思うと考えられません!

スポンサーリンク

子供がご飯を食べないとイライラしたり悲しくなったりするなら作らない

驚きの変化から数日して少しずつではありますが、日によってご飯の時間にちゃんと食べるようになってきました!

子供のためのご飯を作り「ご飯食べなさい!」と怒っていた頃には、ご飯食べる時間=怒られる時間でした。

それが子供のためのご飯作りを止めて、親が食べたいご飯のみを作り「欲しい」と言った時にご飯をあげるようになったのでご飯食べる時間=おいしい時間になってくれたのかな?

2つの選択肢があるなら断然後者を選びます!もう、ご飯作っても食べてくれない…美味しくないのかな?と悲しみ落ち込むこともありません。

料理をする私がその日食べたいものを人数分作る。こんなに自由な料理の時間、楽しくて仕方ありません!

ご飯食べてくれないのに料理してた時は「今日ご飯作りたくないなー」が毎日。料理だけは唯一好きな家事だったのですが苦痛な毎日でした。それが「今日はこれ作ろっかなー!」とウキウキして料理できるようになったのです。

さいごに

子供のために作ったご飯なのに食べてくれないとイライラしちゃいますよね。「ご飯食べなさい!」と怒るのも虚しくなって来ます。

そんな時は!

一度でもいいので、子供のためのご飯作り止めてみませんか?親が食べたいものを作る。子供に「食べよう!」と声をかけなくてもいいんです。

食べていたら、そのうち欲しがるかもしれません。「ご飯が美味しくないから食べないのかな?」そんな風に落ち込む必要はありません。食べたくないから食べないだけです。

「まだ遊びたい」とか「今日はこの料理の気分じゃない」とかその日によって様々です。だって、愛情込めて作ったご飯はきっと美味しいはずですから。いつか子供さんがあなたの作ったご飯を美味しそうに食べてくれる時が来ると思いますよ!

スポンサーリンク

-子育て
-

Copyright© キョウミのトビラ , 2018 All Rights Reserved.