生活

妊婦健診の4週間後まで不安で寝れない私がやっと安心できた理由

更新日:

待ちに待った妊娠。「赤ちゃんが私のお腹の中にいるんだ!」

赤ちゃんを授かることができた嬉しさに浸る間も無く、つわりの辛さや流産の怖さが襲うんです…しかも、妊娠初期は妊婦健診が4週間ごと。それまでの間1日中ずっと不安でたまらない。

つわりで外に出る気力もないので家の中にこもり、インターネットで検索の毎日。余計不安になるから止めたいのにやめられない。

流産の夢まで見るから夜眠るのも怖く明け方まで起きていることも。赤ちゃんに申し訳ないと自己嫌悪の日々。でも怖いから寝られない…。

どうしたらいいのーーー???

こんな日々を過ごして不安や恐怖で押しつぶされそうになった私の体験、聞いてくれませんか?

スポンサーリンク

妊婦健診の4週間後まで不安すぎる

不安で仕方ないのに次の検診までの4週間に付きまとう不安に耐え、やっと妊婦健診で赤ちゃんの心拍確認ができた時は涙が出るほど嬉しかったです。

でも…健診が終われば次の健診までまた不安の毎日。この繰り返しに気が狂いそうでした。

頭の中から不安を追い出そうとしても付いてくる。「次の健診まで、不安に耐えるしかないのかもしれない」と思うようになりました。

もちろん、少しでもおかしい事があれば産婦人科に電話したり診察をお願いしますが、毎日というわけにはいきません。

だって、毎日のように「不安です」と電話がかかってくるのは産婦人科にとって迷惑ではないかと思ったからです。

ひたすら不安に耐えるしかないのか…

妊娠初期のお腹の張り 寝れないほど不安にしたのはネット検索

1人目妊娠の時には経験しなかったことに妊娠初期のお腹の張りがありました。吐き気があるつわり、体が怠いつわりに加えてお腹の張りも!なので1日中横になって過ごすこともしばしば。

体も辛いし気分が乗らないので外に出かけることもままなりません。なので、ついつい携帯を手にしてしまいます。

「お腹の張り」「流産の兆候」でネット検索…。すると「お腹の張りは赤ちゃんが苦しくなります」や「流産の兆候がない場合もある」と書いてあり、ますます不安に。

ネットって、不安を煽ることが書いてあるんですよね。中には安心できるものもあるんですけど。「ネットなんか見るなよー!」という声が聞こえてきそうですが、ついつい見ちゃうんです!その気持ち、わかりません!?

家にこもるのではなく、お出かけできたら少しはマシになるかもしれませんが、外に出たら出たでまた心配ごとが増えそうで出来ませんでした。

お腹の張りにはひたすら深呼吸で、少しでも赤ちゃんへ酸素が行くようにしていましたが「大丈夫かな?」という思いは消えません。しかも、妙にリアルな流産の夢まで見る始末。

こうなってくると、毎日寝ることも怖くなってきます。

恐怖で寝られない
→赤ちゃんに申し訳ない
→流産する確率が高くなるのでは?
→不安で眠れない

と負のスパイラルに陥りますます落ち込む。もう解放してくれーーーー!!!

スポンサーリンク

赤ちゃんの胎動を感じてやっと安心する

毎日襲ってくる流産の不安に耐え、ついに妊娠して初めての胎動を感じます!感じた時は思わず涙してしまいました!

「また泣くのかよ!」と言われそうですが、とんでもなく嬉しかったのです。年とともに涙もろくなってきたせいでもありますが。

感じ始めは「ん?これ胎動かな?」というくらい小さなものでしたが、日を追うごとに少しずつ大きく、はっきりと感じるようになりました。「赤ちゃんがここにいる」と確かに感じられるほど嬉しいことはありません!

相変わらずお腹の張りはありましたが、深呼吸して少し休むとウニュウニュやピクピクとした胎動が再開します。これで「あ、赤ちゃん大丈夫だ!」と安心できるので、もう1日中不安に押しつぶされることはなくなりました。

それでも妊娠・出産・子供の成長は奇跡の連続。出産まで何が起こるかわかりません。無事に出産できても、その先に何が待っているかは誰にもわからないのです。完全に不安が消えることはない。

胎動を感じるようになり、毎日の恐怖から解放された今だから言えるのは「不安を感じていたから、赤ちゃんのために気をつけることができたのかもしれない」ということです。

不安に思っていなかったら、多少の怠さやつわりでも無理して動いていたかも。そう考えると、不安でいっぱいの日々も無駄ではないと思えます!

(流産には様々な理由があるので「気をつけていたら流産が防げる」とは言えませんが)

さいごに

待ちに待った赤ちゃんを授かると「私のお腹に赤ちゃんがいるんだ!」と嬉しい気持ちでいっぱいですよね。それと同時に、不安も出てきます。赤ちゃんが元気に動く胎動を感じられるまでものすごく不安…。

妊娠出産は、奇跡の連続で何が起きるかわからない。日々、不安や恐怖で押しつぶされそうになるかもしれません。私もそうでした。毎日毎日、眠れないほど不安でたまらなかったのです。

胎動を感じられる今なら、不安でたまらなかった日々は必要であったと思えます。この世に無駄なものはないのかもしれませんね。

スポンサーリンク

-生活
-

Copyright© キョウミのトビラ , 2018 All Rights Reserved.