レジャー

バーベキューの準備で火おこしできない私たちがあわや火事に?

更新日:

友達の誕生日会をするために愛知県にある南知多グリーンバレイでバーベキューをしました。いつもの仲良しグループで初めてのバーベキュー。本当は男手が欲しいところですが、彼氏たちは忙しく女だけでいくことに。

友達の誕生日プレゼントも用意しておきましたが、夜に改めてご飯でお祝いするためにプレゼントは車の中に置いていくことにしてそれ以外を持って会場へ!実はこれのおかげで最悪の事態を避けることができたのです。

スポンサーリンク

バーベキューの準備で火おこしすらできない私たちを救ってくれたのは…

食材は事前に買ってありみんなで手分けしつつ、重い荷物を運びいよいよバーベキューを始めようとしました。

しかし、バーベキューをあまりしたことがなく、火起こし方がわからずインターネットで検索しながら何とか火起こししようとがんばりました。

ネットを活用し、火起こしをしようとしましたが、なかなかつかず気づけば1時間も経過している状況。そんな中!隣にいたお姉さんグループが見るに見かねて手助けを!

結果、私たち何も出来ず、すべてやってもらい無事バーベキューを始めることになりました。結果開始まで1時間以上すぎて、やっもとごはんに有り付ける!!そう思い食べていたのですが、その後…。

バーベキューであわや火事!?偶然にも最悪の事態は避けられた

無事にバーベキュー始めてしばらくすると、先ほど火をつけてくれた方が突然「危ない」とこっちに言ってきました。

その方向を見ると、私のサブバックが燃えていることを発見!バーベキューの人が風によって私のサブバックに飛び火してしまったのです。サブバックといってもあまり中身が入ってなかったのでよかったですが、とても驚きました。

どうすれば良いか分からず、バタバタしてるとその方々が水を持ってきてくれてバックにかけてくれました。早めに教えてもらえたのであまり被害もなく、燃えたのはそのバックのその部分と中に入っていた傘のみ。本当に助かりましたし、焦りました!

傘とカバンは使えなくなりましたが、それで終わったのでまだ良かったと思います。なぜなら、冒頭で話したように、友達の誕生日プレゼントは車に置いてきていたからです。

バッグから出したのは降りる直前。たまたま出したのですが、それだけだけが本当に救いでした。

さいごに

バーベキューは危険と言うことを改めて実感しました。

友達との会話に夢中になっていて全然気づかなかったので本当にこれが気付くのが遅かったら火事になっていたり怪我をしていたかもしれません。

火の近くには燃えやすいものは決して置かないことと、改めて感じ、今回これだけで終わったのは本当に奇跡だと思います。

スポンサーリンク

-レジャー
-

Copyright© キョウミのトビラ , 2018 All Rights Reserved.