レジャー

愛知県田原市いちご狩りいつも空いてるからゆっくり楽しめる

更新日:

愛知県の渥美半島はご存知でしょうか?愛知県田原市にはいちご狩り農園が数件あって、毎年家族で行くお気に入りのハウスがあります。そこは「あきひめイチゴ(章姫)」をメインで食べられる農園です。

地元ではイチゴ農家が多くあると有名ですが、市場に出回るイチゴのパックに記載されている産地を見ると温暖な九州や静岡などにはまだまだ及ばないのでしょうか。

友人の子供を連れて行ったらイチゴハウスの大きさにビックリ。そしてイチゴの大きさを見て更にビックリしていました。家族で行ってものんびりできる愛知にある農園とは…。

スポンサーリンク

愛知県田原市のいちご狩りは練乳不要な甘さと大きさで子供のテンション上がりまくり!

さて、お気に入りの農園とは日研農園のことです。

この農園はイチゴ狩りだけでなくマスクメロン狩りもできるところで一年を通してフルーツの女王と王様を楽しめるというフルーツ好きにはたまらない場所です。

章姫は久能山の石垣イチゴでも有名な品種ですが、とにかく一粒が大きいんです。大粒で甘味が強いので食べ応え充分です。イチゴの最盛期にはミルクなど不要なんです。

関東に住む友人が冬に遊びに来た時に必ずこちらを利用しています。千葉などでもイチゴ狩りはできるそうですが、ここの章姫を見るとみんなテンションが上がるといいます。

イチゴが大好物という友人の子供に食べさせてあげたくて、去年のお正月明けに出かけました。横浜の都会っ子なので、イチゴハウスの大きさにビックリ。そしてイチゴの大きさを見て更にビックリしていました。

食べ放題なのと遠足気分もあって6歳の息子さん、とにかくよく食べましたよ。朝食をすごく軽くとらせて来たようでお腹が空いたとほおばっていましたが、この勢いだとちょっと危険かなとも思いスーパーのビニール袋を用意しておきました。

子どもさんてテンション上がりすぎて調子に乗るといつも以上に食べてしまうんですね。案の定、数十分で気持ち悪いと言い出しました。

さすがにハウスではマズイので慌ててハウスの外に連れ出しました。ハウスの周りもビニールハウスがいっぱい立っていてテーマパークとは違って人混みもないところが良いです。

息子さん、食べ過ぎてしまいましたが、病気と違うので吐いてスッキリしていました。我が家の息子も、一番最初にそのハウスに行った時に同じことをしていたんです。種が消化悪いのか食べ過ぎには本当に注意ですね。

イチゴ狩り愛知は空いてるから家族でのんびり食べられる

数えた事はありませんが渥美半島はたくさんのイチゴ農園があります。昔は連休などを避ければ渋滞したという記憶がありません。でも、最近はネット検索が簡単になりお目当ての品種を食べたいと全国から観光客が訪れるようになりました。

イチゴ農家が増えたこともあって日帰りツアーなどでも多く紹介されるようになりました。つい先日の2月の3連休に孫がどうしてもイチゴ狩りに行きたいというので予約をしました。

連休でしたが、電話予約もしてあったので混み合うこともないだろうと。それでも念には念をということで朝早く出かけました。

他のイチゴ狩りスポットはよく知りませんが、日研農園さんは予約する人数を強引に多く入れることがないと思います。テーマパークなどのイチゴ狩りだと一粒を争って食べるという口コミを見たことがあったのですが、こちらではいつも家族でのんびりと頂いています。

ただ 今年は寒波の襲来のせいなのか みんな暖かいハウスを目指すという考えが一緒だったのか帰りの道路がとても混みました。渥美半島にたくさんのイチゴ狩りスポットがあるため、イチゴ狩り自体は分散していても帰宅時間がほぼ一緒だったようです。

おかげで普段1時間くらいの道のりが2時間以上かかってしまいました。

スポンサーリンク

イチゴ狩りの料金は高い?渋滞のために思わぬ出費に

正直言って イチゴ狩りは高いです。新鮮なイチゴを食べられるんですが、入場料がホントに高いです。
息子夫婦と孫娘2人と私たち夫婦の6人連れ。当然 まだまだ現役の私たちが支払うのですが、小学校4年と1年生の孫達は入場料に見合う数を食べられたんだろうか?とふと思って苦笑いしてしまいました。

金額以上に普段出来ない体験はできたのですが、渋滞のせいで帰宅がすっかり遅くなり 夕飯は家で作って食べて節約と思っていたので大誤算でした。

幸いなことに田舎なので、飲食店が多くなくてこちらも混み合っていていました。そのため簡単に食べられる定食屋さんに入ることになりました。

いざ何を頼もうかというとき、孫たちはもちろんですが大人もみんなイチゴをたくさん食べたので、本当にお蕎麦くらいしか入りません。結果的にはお安くすんでラッキー?でした。

さいごに

最近では、渥美半島のイチゴ狩りで「紅ほっぺ」や「とちおとめ」「かおりの」などの品種も人気が高いそうです。私は章姫が愛知県の物だと最近まで思っていたくらい章姫がイチオシなんですが、紅ほっぺも赤みの強い粒で甘みが強くて美味しいですね。

イチゴ狩りはもちろん、愛知県がおススメなんですが、章姫は普通にスーパーで買っても美味しいんです。大手スーパーよりも地元の人がこぞって通うスーパーの章姫は農家から直接と思えるほど鮮度の良い物が店頭に並びます。

特にクリスマスとお正月が過ぎたあたりから出回るイチゴは本当に美味しいですよ。一年に一回の家族みんなで出掛ける日帰り旅行にはイチゴ狩りはもってこいです。

全国の方々にも渥美半島のイチゴ狩りを是非体験してもらいたいと、いつも思っています。あ、でもみんなが来たら渋滞したり、人が多くてゆっくりできなかったりで、困るかな?

⇒ 愛知県田原市周辺の観光スポットはこちら

いちご狩りについてのまとめ

スポンサーリンク

-レジャー
-

Copyright© キョウミのトビラ , 2018 All Rights Reserved.