行事

男の子もひな祭りのお祝いしたっていいじゃない!子供と作る料理は大変だわ

投稿日:

寒さも和らぎ、春が近づいてきましたね。
3月3日は桃の節句、お雛祭りです。

我が家には息子しかおりませんので、もちろん雛人形はありません(涙)
ただ、幼稚園で雛人形の工作をしてきたようなので、それらの作品を飾ることに。

スポンサーリンク

男子のひな祭りクッキング♪

さて、あとはどうするかなぁ。
ただ飾るだけでじゃなく、やっぱり食事でお祝いするのがいいかぁ。

まずはちらし寿司、そしてハマグリのお吸い物…ハマグリは高いのであさりで代用しました。

ちらし寿司は今、流行りのケーキ風にしてみよう!
そして、どうせならそれを息子たちにも作らせよう!

「お寿司ケーキを作る人~」「はーい」
やる気満々の息子たち。

まずはすし飯を型に入れるところから。
どちらからするかでまず兄弟げんか(汗)
とりあえず次男からご飯を半分しきつめて、次は甘辛く炒めたそぼろを乗せていきます。

想像はしてましたが、そこらじゅうにそぼろが落ちてるではありませんか。
しかもそれを拾って食べまくってる息子たち。。

ま、仕方ない、そうなるわなぁと気を取り直して
次はまたご飯をしきつめていきます。

ぎっしりつまったとこで型から抜きます。
きれいに抜けると大人も子どももテンション上がりますね。

最後は用意していた薄焼き卵、ゆでたブロッコリー、かにかまにイクラ、サーモン、型抜きしたハムやチーズを
それぞれ好きなようにトッピング。

ブロッコリーが好きな次男はどんどんブロッコリーを乗せていきます。
おいおい、なんだか森みたいになってますで。
しかも乗せるというより、強く押し込むものだから、
ケーキの土台が崩れかかっている。
もはや土砂崩れしてる山みたいになってる…(汗)

あの~お花をイメージしたケーキにしたいんですけど~。
そう思いながら、まぁ好きにさせようと見守ることにしました。

スポンサーリンク

長男はとても繊細で、気質も女の子チックなので、ちまちまと飾りつけ
「ハートのハムかわいい~」なんて言いながら、飾りつけ、そしてサラっとつまみ食い。
こらこら、食べたらあかんがな!
またもや少しイラっとしながらも、仕方ない仕方ない。見守ります。

途中で具材の取り合いになり、だんだん飾り付けることよりも
いかに多くの具材を乗せるかに必死になる息子たち。

どんどんどんどん具材が盛られていき
せっかく飾った星形のチーズの上にがっつりサーモンがどろーんとのっていたり。

サーモンはくるくるってまいてお花みたいにするんだよ~と教えるも
いいの、とそのまま寿司ネタのごとく乗せられていくので
とうとう我慢ならず、私が巻いて乗せてみました。

ん~私の予定では、きれいでかわいいケーキ風ちらし寿司になるはずだったんだけどなぁ
でも子どもにさせることに意味があるから
と、葛藤。。。

で、長男がどんどん飾っていってる間に、ふと次男に目をやると
食べてるしー!!!
せっかく飾り付けたイクラとかかにかまとか、とって食べてました(汗)
意味ないやん!

いよいよイライラしてきたぞ母ちゃんは。

はいはい、そろそろ完成~
ってことで半ば強制的に終了しました(苦笑)

夕飯の時間になり、から揚げやフルーツとともにケーキ風ちらし寿司登場~。

いただきます!
フルーツやから揚げにがっつく息子たち

「せっかく自分たちで作ったケーキ寿司、食べたら?」
「いらなーい」

なんでやねんっ!
これがメインやで?
必死で作ったのに食べへんの?

しばらくして長男が
「僕は食べたよ~少しだけだけどね。」

「そうなの?」
でもどう見てもきれいな円形のまま、食べた形跡はない。
あれ、どこ食べたんやろう?
もはや間違い探し。

あ、わかった、下に飾ってたハート型のハムだけ食べよったな。。

結局息子たちは次男が作った土砂くずれのケーキをほんの少しつついただけで
ほとんど食べませんでした。

で、結局母ちゃんが翌日の昼も夜もそのちらしケーキを食べる羽目になりました。
ま、美味しかったですけどね(笑)

スポンサーリンク

-行事
-

Copyright© キョウミのトビラ , 2019 All Rights Reserved.