音楽

ギター初心者がモチベーションを保ちながら早く上達する方法

更新日:

たいていは何でもそうでしょうけど、始めた頃って「早く上達したい!」と思っちゃいますよね。でもなかなか上達しない。思ったようにできない。

自分もギターを始めたころはそんな風に思っていました。「自分にはセンスがない」「自分より後に始めたヤツの方が上手くなってる」なんて考えることもしょっちゅうでした。

ずるいですが「もっと早く上達する方法ってないんかな」なんて、つい思ってしまいます。

いまだからわかるのですが、まじめに教則本だけを使って練習する必要はありません。それ以外にも初心者が早く上達するための練習法ってのがあるんです。

スポンサーリンク

ギター初心者が早く上達する練習法とは?

あー、もちろん教則本で教えてる基本は大事ですよ。全く必要ないという訳ではありません。でも教則本に欠けているものは、ギターを弾いているときの楽しさです。

地味な反復練習と好きでもない曲を弾くこと。趣味でギターを弾けるようになりたい人にとっては、ちょっと厳しいですよね。

だから基礎練習とある練習を取り入れて達成感を味わいながらモチベーションを保つようにすれば楽しく、上達も早くなるというわけです。

さてその方法は、自分の好きな曲を練習することです。そしてその曲を完成するまで絶対にあきらめない事。「継続は力なり」これは絶対です。

絶対なのですが、教則本のつまらない練習だけをマスターするまで継続するのって「そんなドMじゃねーよ!」とか思っちゃいますよね。

だから同じ続けるにしても好きな曲を練習しつつ、その曲で使われているコードを引けるようになるために居測本を副教材として考えるわけです。

曲が完成すれば達成感はハンパないですし、そこに使われている基本テクニックも自然と体が覚えていることに気づくでしょう。

それにね、教則本って内容がまんべんなく網羅されています。弾きたいプレイスタイルによってテクニックの優先度も違います。

それらをすべてできるようになってから好きな曲を練習し始めるなんて行儀のよいことをする必要は全くないんですよ。

人に聴かせるともっと上達が早くなる?

さらに効果がある練習法を教えましょう。それは、自分の演奏を録画してYoutubeに投稿することです。

よく「バンド組めば早く上手くなる」と言われていますよね。それは人前で演奏を披露するために必死になるからです。

まだそこまでには達していないなーと思っているなら、練習したことYoutubeに公開してしまいましょう。練習1日目、練習2日目と日記のようにしてみるのも良いですよ。

本当は演奏を録音をしてお手本と聞き比べるだけでも良いのですが、弾いている姿、弾いている指先などを映して誰かに見てもらうことを意識すると効果は段違いです。

曲の演奏ではなくてもコード練習でもいいです。1フレーズでもいいです。できたところ、どうしても失敗するところ、とにかく自分の成長過程も含めて公開してしまうのです。

どんなに下手でも構いません。その日の練習の成果として、できたこと、できていないことを記録として残すのです。

公開すれば、いつかはコメントが付くかもしれません。これもモチベーションになります。

はじめは目にするのも辛い酷評をされるかもしれません。でも地道に続けていれば応援してくれる人も出てきます。アドバイスがもらえるようにもなります。そうなるためには毎日続けて頑張っている姿を見せることです。

そもそも最初のうちは誰もあなたの動画の存在なんて気づきません。どうせ動画の再生回数は、あなたが再生した回数です。安心してください。

スポンサーリンク

音楽そのものを好きになる

大事なこと。忘れちゃいけないことが「音楽そのものを好きになること」です。

ギターを始めるきっかけなんて「ギター弾けたらかっこいい」くらい単純な理由でもいいんです。大事なのは「その世界に入るにつれて好きになってきた」という気持ちがないと上達していかないということです。

ギターを始めたのなら好きなギタリスト、好きなアーティスト、好きな曲がきっとあるはずです。まだそこまで思い入れのあるものが無いなら見つけてみましょう。

憧れるものや人があると、それもモチベーションにつながります。ファッションから真似するのもいいかもしれません。

実際に僕はカートコバーンが好きで、ダメージジーンズをよく履きます。そういうところから自分自身が音楽のアンテナを立てつづける事で、音楽に関して敏感になることが大事なことだと思います。

そうしていくと気づいたら音楽好きになっていますよ。結果「もっと練習したい」「もっとあの人に近づきたい」という気持ちになって上達につながります。

さいごに

ギターでプロを目指す人も趣味の範囲でする人も「音楽が好き」という思いがなければそもそも続かないですよね。私自身ギターを始めてから音楽をより好きになったのでギターをますます楽しむことができました。

気張って頑張りすぎるのも悪いことではないですが、張り切りすぎて思うように成長しなく自己嫌悪に陥っては勿体無いです。

結局は地道にコツコツと練習する事がとても大事な事ではあるんですが、それよりもギターを弾くことを楽しむのが早く上達する秘訣なんですよね。

スポンサーリンク

-音楽
-

Copyright© キョウミのトビラ , 2019 All Rights Reserved.