生活

ペット保険入ってますか?予想外にかかる費用に後悔した体験

更新日:

「ペットは家族です!」という方も少なくありません。まるで子供のように大事にされていたりね。

話しかけるのはもちろんの事、洋服を着せたり、食べるものにまで気を使ったり…そして病気やけがをしたらと思うと心配でしょう。

わたしもその一人です。そんななか「やっぱり入っておけば良かったな」と思ったのがペット保険。わたし自身の体験を交えながら、ペット保険選びで気になったポイントとかを紹介しますね。

スポンサーリンク

ペット保険選びで失敗しないために知っておきたいお金の事

巷では多くのペット保険が提供されています。数が多すぎてどれを選べばよいのかと悩んでいる人も多いでしょう。ペット選びでは、いくつか注意すべきことがあります。それが、補償限度額と補償割合、および免責金額です。

ちょっと難しいですね。ひとつひとつみていきましょう。

補償限度額とはペット保険会社が支払ってくれる補償金額の上限です。年間支払い保険金の合計額が対象になるケースと、入院や通院・手術などの項目ごとに上限額が決められているケースとがあります。

一方、補償割合とは、かかった治療費のうちどのくらいを補償してくれるのかを示す割合です。年間支払い保険金に達しない限り治療費の全額を補償してくれる保険もありますが、その数は多くありません。さらに、仮に全額補償があるとしても一般的に保険料が高くなりがちです。

最後に、免責金額。これは、自己負担すべき金額の上限を表します。免責金額が2万円となっているなら、治療費に1万9000円かかったとしても補償金は支払われません。

あなたのペットが本当に必要な保障は何?

保険料が高いほど補償が手厚くなるのは、ペット保険も人間の保険も同じです。

だから飼い主さんがペット保険でどんなことをカバーしたいかによって、選ぶべき保険は変わってきます。飼い主さんの気持ちと補償のバランスが取れたペット保険を選ぶことが大切なのです。

補償を受けられる回数が決まっているペット保険も少なくありません。大きな手術やけがに備えたいなら、年間補償限度額が大きいほうが安心かもしれませんね。

でも糖尿病などのような慢性病では通院回数が多くなりがちです。そのため、一度だけしか補償してくれない保険よりも、一回あたりの補償額が少額であっても何度も利用できる保険のほうが良いという場合もあるでしょう。

スポンサーリンク

ペット保険は病気になってからじゃ遅いなと後悔した体験談

わたしは12歳になる猫を飼っています。

毎年定期検診を受けてて10歳になるまでは病気ひとつしたことはありませんでした。ところが11歳になる年に突然糖尿病を発症しました。それからはインスリン治療を行うことになったのです。

実は先代ペットの猫も糖尿病で亡くしていたため、多飲多尿には注意していました。猫日記を付けていたことが良かったんでしょうね、幸いにも早期発見につなげることができたのです。

そのおかげもあって3カ月ほどインスリン治療を続けた結果、食事療法のみで血糖値を維持できるまでに回復したのです。でもね~そのインスリンは決して安いものではないのです。動物病院によっても差がありますけどね。

わたしがかかりつけにしている動物病院では、主治医がインスリンを適正量だけ注射器に吸い取って、渡してくれる、比較的良心的な形式になっています。注射器1本分の値段は900円です。30日間打つ場合、900円×30日=2万7000円かかる計算になります。

さらに愛猫に見つかった病気はこれだけにとどまりませんでした。このあと、愛猫のしっぽとおなかに相次いで肥満細胞腫がみつかり切除手術を受けることになったのです。

幸いにも悪性ではなかったものの、それぞれ約7万円と約5万円の手術費がかかってしまいました。

猫の場合、10歳をすぎるとなんらかの病気にかかるリスクがあることは前から主治医から聞いてて、注意していた矢先でした。

注意は受けていましたが、ペット保険の保険料って高いじゃないですか。だから加入をためらっていたのです。こんなにお金がかかるとは…入っておけばよかったと後悔しましたが後の祭りですよね。

さいごに

あなたのペットが今必要にしている保証は何でしょう?若くて健康なら突然のケガが心配?高齢なら大きな病気や通院が心配?

さらには、ペットは種類によって、ある程度かかりやすい病気を把握できることがあります。

ペットの健康を一番良く知っているのは飼い主さんです。飼い主さん自身がペットの病気に関する知識を蓄えて、最善のペット保険を選んであげてください。

動物病院によっては、一定のペット保険にしか対応していないこともあるので、主治医と相談してみるのも良い方法ですよ。

スポンサーリンク

-生活
-

Copyright© キョウミのトビラ , 2019 All Rights Reserved.