飛行機機内で日焼け止めしないと窓際の紫外線対策は不十分?

公開日: : 最終更新日:2016/07/02 旅行

7544ad536d4a958b1bf59f1f739a469f_s

海外旅行では長時間飛行機に乗ることになります。そこでちょっと気になったのですが、上空では地上よりも紫外線が強いと聞きました。実際のところ紫外線対策はどのくらい必要なのでしょうか。

紫外線対策の他にどんなスキンケアが必要なのかについても紹介します。

スポンサーリンク

飛行機機内で日焼け止めは必要?

飛行機は雲の上しかも大気の薄いところを飛ぶので紫外線の量もそれに応じて多くなります。また飛行機のパイロットの死亡原因にガンが高い割合で含まれていると聞いたことがあります。もし皮膚ガンだとすれば、それなりに危険なんだろうなぁなんて考えてしまいます。

実際のところ、上空を飛ぶ飛行機の中だからと言って紫外線を「危険だ、危険だ」と騒ぎ立てる必要はありません。旅行のために利用する程度では怖がらなくて大丈夫です。

それよりも日焼け止めやメイクを長時間していることで肌に負担をかける方のが気になります。また機内ではすっぴんになる人は直接肌に日焼け止めを塗ることになるんだろうと思いますが、これも肌にはよくありません。

どちらかというと紫外線よりも宇宙放射線の方が気になるという話を聞いたこともあります。飛行機のパイロットが宇宙放射線によって被曝したということが昔あったそうです。

いずれにしても旅行として飛行機を利用する程度では過剰に反応する必要はありません。もし日焼け止めを塗るとしても、それは旅行先の現地に到着した時の為です。

(記事) 外でも簡単メイク直し♪一本で7役のオールインワンファンデーション

飛行機の窓際は紫外線が多いって聞くけど本当に平気なの?

機内の紫外線はさほど気にする事は無いとは言うけど、窓際は直接日光が入り込むので気になる方もいるでしょう。

ところが飛行機の窓ガラスは非常に分厚く何層もの構造でできていますし、ガラスには紫外線対策も施されています。気になるようでしたらシャッターを閉めることで対策もできます。

それでも気になるなら、極薄く日焼け止めを塗る程度で十分です。

紫外線対策よりも注意した方が良いのは、じつは保湿対策なのです。飛行機の機体によって違いますが、湿気による腐食などが起こらないように機内は湿度を低く保っています。そのため肌の水分も奪われやすい環境なのです。

だから保湿成分のあるスキンケア商品を機内に持ち込んでおいたり、水分補給のための飲み物を切らさないようにしておくことの方が重要というわけです。

また狭い機内に大勢の人が詰め込まれているわけですから、様々なウイルスが飛び交っている可能性があります。長時間のフライトのため乾燥と疲労から風邪を引くなどの可能性が高くなります。

保湿のためにマスクをするのも有効ですし、ウィルス感染対策にもなります。一石二鳥なので手荷物に忍ばせておきましょう。

スポンサーリンク

飛行機では乾燥を防ぐためのスキンケアの方が重要!

飛行機の中では紫外線対策よりも保湿対策の方が重要だと書きました。肌には50%~60%の湿度が良いとされていますが、機内では20%以下になってしまうので何もしないでいると旅先に到着する前にはだがカサカサになってしまうかもしれません。

せっかくの旅行なのに肌がボロボロ、吹き出物が出ているなんていうことになれば、心から楽しむことができなくなってしまいます。そうならないためにもできるだけ飛行機の中ではメイクを落として肌への負担を減らしつつ乾燥対策を心がけましょう。

化粧水や保湿美容液をたっぷりとつけてその上から油分を含んでいるクリームを使って水分が奪われないようにガードします。もし紫外線対策をするのであればその上から日焼け止めを塗りましょう。

メイクを落とすのがどうしても恥ずかしいという人はコンシーラーで隠したり、ポイントメイクだけにしておきましょう。

乾燥しやすい部分にはフライトの途中でもこまめに美容液を塗りまくってやアイマスクで乾燥した空気に肌が触れないようにするということも効果があります

ちょっとしたことですが水分補給に使う水は、冷たいものよりも常温の方がお腹を壊す可能性が低くなります。下痢で何度もトイレに行くと水分もそれだけ体外に出すことになります。体から水分がなくなれば、それだけ乾燥しやすくなるという訳です。

あとは濡らしたおしぼりを広げてテーブルに置いておくだけでも多少は効果が期待できます。

「エコノミークラス症候群になるかもしれないということで適度な運動をしましょう」ということを聞いたことがある人もいるでしょう。これは肌の状態にも関係してきます。

あまり動かずにいて血流が悪くなると肌も乾燥しやすくなるんです。定期的に体動かして血流を促すという事は保湿対策の面からもやっておいた方が良いでしょう。

さいごに

長時間飛行機に乗る場合でも、紫外線に対してはそれほど怖がらなくてもよいということがわかったと思います。何かの対策のために肌に何かを塗るというよりも機内ではできるだけ肌への負担を軽減するためにメイクは落としましょう。

そのかわり保湿対策に関しては十分に気を配りましょう。保湿のためにスキンケアをするということであれば何かをするということも必要です。

せっかくの旅行です。肌がボロボロで写真に写りたくない、なんてことのないようにしっかりとスキンケアをして旅行を楽しみましょう!

関連:足のむくみを飛行機で解消する快適グッズと自宅でできること

スポンサーリンク
follow us in feedly

関連記事

関連記事

f33e6d9c82fce4f08331c890361055e2_s

イタリア旅行でおすすめの都市とグルメを留学経験者が語る

初めてイタリア旅行に行く人向けのおすすめポイントをイタリアに留学していた人が軽~く紹介します

記事を読む

bcb9f0c932b7e468f37ca55e9d044922_s

足のむくみを飛行機で解消する快適グッズと自宅でできること

飛行機に乗って長時間座っていると、足がむくんでしまうことがあります。国内線ならまだしも、海外

記事を読む

fa5256e4a694dbf07386204757daf5f2_s

旅行でのいびき防止には口呼吸の改善や鼻づまりの対策が必須

いびきがひどくてうるさいというのは、男性ならまだしも女性だと恥ずかしいですよね~。それが

記事を読む

96282d3d85ddfb8fb3a5e1ad187f9b0b_s

GWに日帰りでいちご狩りはもう遅い?美味しい品種と見分け方

ゴールデンウィークになると、いちご狩りは人気がなくなります。料金が安くなるからと言ってみ

記事を読む

7c5d0dadbe3232acabf5f518dd7a5a51_s

両親との旅行で京都へ 初めてでも壬生狂言はわかるし笑える

若い方から年配の方まで人気の京都。どの季節に行っても趣があっていいですよね。 そんな京

記事を読む

92d74df75a2dc9bc3e099d994f19c5fa_s

壬生狂言の感想 節分のあらすじなどを知って観たら深くなる

壬生狂言を生で見てきたという人の感想を聞くことができたので紹介します。いきなり見に行かずに、

記事を読む

Photo by Yoshikazu TAKADA

高尾山の紅葉狩りの時期は子供も楽しめる?混雑状況は?

Photo by Yoshikazu TAKADA [/caption] 子供と自然の中で紅

記事を読む

2d8524f3b39339ed7f60cfecf6f40930_s

旭山動物園でお盆に駐車場の混雑避けて夜の動物園を楽しむには?

お盆も旭山動物園は訪れる人で混雑します。園内の混雑も気になりますが、駐車場の空きがあるかどう

記事を読む

Photo by bryan...

北海道旅行の結果「東京は空気の湿気で窒息するかと思った」

Photo by bryan... [/caption] 夏の避暑地と言えば、北海道です!

記事を読む

53ce00478856bacd428aac4e816259d2_s

越生梅林 梅まつりのイベントのスケジュールとアクセス

埼玉県にある越生梅林は、関東三大梅林に数えられる規模の大きな梅林です。白加賀、越生野梅、紅梅

記事を読む

コメントを残す

PAGE TOP ↑