グランドビッグマックのカロリーや大きさを比較してみた

公開日: : 最終更新日:2016/06/16 マクドナルド

2016-04-06 12.45.05_600

期間限定のグランドビッグマックを食べてみました。店頭では、お客のほとんどの人がグランドビッグマックか、さらに大きいギガビッグマックを注文していたので、好評なようです。

普通のビッグマックとクォーターパウンダーチーズとの大きさやカロリーをはじめとする栄養成分を比較してみました。

スポンサーリンク

グランドビッグマックのカロリーがヤバすぎ!

グランドビッグマックというくらいだから「大きなビックマック」だとはわかるので、単純にビッグマックと比べてみようとお店に向かっていたのですが、途中で「クォーターパウンダーのパティを使ってるのかも」と思いたちました。

ということでグランドビッグマックとビッグマックとクォーターパウンダー・チーズを比較することに決定!

2016-04-06 12.45.05_300

画像は右からグランドビッグマック、クォーターパウンダー・チーズ、ビッグマック(普通サイズ)です。

錯視に陥りそうですが、バンズのサイズはビッグマックとクォーターパウンダーが同じで、パティのサイズはクォーターパウンダーとグランドビッグマックが同じように見えます。

クォーターパウンダーのバンズもグランドビッグマックと同じにしたら全体のバランスが良いだろうと思うのは自分だけでしょうか。クォーターパウンダーは箱のサイズもビッグマックと同じなので窮屈そうですね。これもグランドビッグマックと同じサイズにすればいいのに。

2016-04-06 12.48.41

グランドビッグマック:520円
標準製品重量:305g/個
カロリー:764kcal
たんぱく質:39.5g
脂質:40.8g
炭水化物:59.4g
食塩相当量:4.3g
コレステロール;109mg

ビッグマック:370円
標準製品重量:225g/個
カロリー:530kcal
たんぱく質:27.1g
脂質:28.2g
炭水化物:41.9g
食塩相当量:3.4g
コレステロール;75mg

クォーターパウンダー・チーズ:400円
標準製品重量:213g/個
カロリー:552kcal
たんぱく質:33.5g
脂質:29.8g
炭水化物:37.6g
食塩相当量:3.5g
コレステロール;96mg

改めて比較してみると、意外な事実に気がつきました。栄養成分的にはビッグマックはクォーターパウンダー・チーズと似ているんですね。

横に大きいクォーターパウンダー・チーズと縦に大きくてパティが2枚のビッグマックという違いです。ビッグマックはジューシーさとソースの味も魅力なので、優劣を決めるのは難しいでしょう。個人的には、ビッグマックはレタスがこぼれて食べにくいので敬遠してしまいますが。

そしてその両方をグランドビッグマックは軽く凌駕している、と。

ところでグランドビッグマックに使われているパティはクォーターパウンダーと同じものではないかという思いは、見比べてみて確信に変わりました。パティ1枚のクォーターパウンダーよりも2枚のグランドビッグマックですね!

そしてギガビッグマックはパティ4枚も入っているのです。より肉を味わいうならコレですね。

しっかし、ハンバーガー1個のカロリーが760kcal超ってどういうことですかね。これで男性1日の摂取カロリーの1/3以上がまかなえてしまいます。

これにグランドフライをプラスしたら、女性ならカロリーオーバーです!ということで、次はポテトをLサイズとブランドサイズで比較してみました。

グランドフライとマックフライポテトLサイズの比較で気がついた事実とは?

画像の右がグランドフライで、左がマックフライポテトLサイズです。大丈夫ですか?感覚がマヒしていませんか?

2016-04-06 12.34.52

グランドフライ:370円
標準製品重量:239g/個
カロリー:800kcal
たんぱく質:9.3g
脂質:42.6g
炭水化物:94.7g
食塩相当量:0.9g
コレステロール;14mg

マックフライポテト(L):370円
標準製品重量:170g/個
カロリー:571kcal
たんぱく質:6.6g
脂質:30.4g
炭水化物:67.7g
食塩相当量:0.8g
コレステロール;10mg

ちなみにマクドナルドの大容量ポテトといてば、シェアポテトがありますが、こちらは単純にLサイズ×2です。今回のグランドフライとは比較になりませんでした。

シェアポテト:円
標準製品重量:341g/個
カロリー:1142kcal
たんぱく質:13.3g
脂質:60.9g
炭水化物:135.3g
食塩相当量:1.6g
コレステロール;20mg

こうして比べてみて気がついたことは、栄養成分の食塩相当量を見る限りでは「ポテトは食塩が意外に少ない」ということです。

マックのポテトというと「塩かけすぎ」「塩分取りすぎ」のような印象がありましたが、上で比較しているハンバーガーたちに比べると食塩相当量が格段に少ないんですよ。

原価が安くて売値が高いボッタクリ商品として悪名高いマックフライポテトもこうしてみると全方向に対して悪意を振りまいているという訳ではなさそうです。

それに、ただの揚げたイモな割には無性に食べたくなる時があります。マクドナルドのポテトって、揚げたて(だけ)は格別に美味しいと思いません?

炭水化物を控えているなら控えたいところですね。でも塩分が高そうだからという意味で避けていたのなら、ちょっと見直してあげても良いかもしれません。

スポンサーリンク

グランドコーク

これまでのLサイズよりも大きいグランドコーク、じつは以前にあったジャンボドリンクと同じもののようです。適当に比較できるものがなかったので、1リットルの牛乳パックを横に置いてみました。

2016-04-06 12.38.06

グランドコークの商品紹介にも「Mサイズの2倍の“グランドサイズ”が登場!」とありました。ストローの挿し口が2つあるのもジャンボドリンクと一緒です。

2016-04-06 14.17.05

グランドコーク:290円
標準製品重量:650g/個
カロリー:280kcal
たんぱく質:0.0g
脂質:0.0g
炭水化物:70.2g
食塩相当量:0.1g
コレステロール;0mg

コカ・コーラー(L):250円
標準製品重量:420g/個
カロリー:181kcal
たんぱく質:0.0g
脂質:0.0g
炭水化物:45.4g
食塩相当量:0.0g
コレステロール;0mg

ちなみにグランドコークはMサイズの2倍ですが、Lサイズとの比較では約1.5倍です。氷抜きだとマニュアル的には少し足すことになるので、Lサイズでも2倍の量に近づきます。家に氷があるなら氷抜きにして持ち帰った方がお得です。

そんなケチくさいことを言わなくても、持ち帰るまでに氷が溶けて薄まるのを避けたいというのは氷を抜いてもらう立派な理由になります。

ところで、注文するときに何も考えずに「コーラ」と言ってしまいました。「コーラゼロ」と言うべきでした。グランドのセットは、ただでさえカロリーオーバーなのですから。

さいごに

間違っても1人でグランドセット(グランド ビッグマック、グランドフライ、グランドコーク)を頼んではいけません。おデブまっしぐらです!

とはいえ店頭で見ていたら男性客を中心に売れ行きが良い感じがしました。新商品を投入しても注文している人が少なかった最近の状況からすれば十分にヒット商品だと思いました。

新味を出そうと新しいメニューを考案するたびにコケまくっている現状よりも、定番商品のレギュラーサイズ、メガサイズのようなサイズ展開の方が、マクドナルドっぽくて良い気がしてきました。

マクドナルド期間限定裏メニュー3種を食べた感想やカロリーは?

マクドナルド期間限定裏メニュー3種を食べた感想やカロリーは?


 

ロコモコバーガーを食べてみた

ロコモコバーガーを食べてみた


 

マクドナルドのアプリでクーポンが取り消しと再登録できないで困った

マクドナルドのアプリでクーポンが取り消しと再登録できないで困った


 

スポンサーリンク
follow us in feedly

関連記事

関連記事

マクドナルド期間限定裏メニュー3種を食べた感想やカロリーは?

6月15日から期間限定のマクドナルドの新作「裏メニュー」とは、新しいメニューではなくて既存メ

記事を読む

マクドナルドのアプリでクーポンが取り消しと再登録できないで困った

マクドナルドで購入する場合、ほぼiPhoneのアプリでクーポンを見つけて使います。今回、使い

記事を読む

W杯ブラジル大会の直前にブラジルバーガーで4ガッカリ

食べづらさが際立って、味の記憶が残らなかった、ブラジルバーガー マクドナルドが5月27日か

記事を読む

チキンてりたま 瀬戸内レモンソースを食べてみた

レモンで爽やかな口当たりになって食べやすい マクドナルドの「チキンてりたま 瀬戸内レモンソ

記事を読む

マクドナルド「アボカドバーガー」はわさびと醤油が合う

マクドナルドの期間限定メニュー「アボカドバーガー」、それぞれに特徴があります。ビーフを除いて

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑