旅行

海外ホームステイ初日に英語が聞き取れない緊急事態?!

更新日:

最近よく海外留学や海外旅行、海外一周、などのフレーズをよくネット上で見かけるようになりました。

以前と比べて、海外へいくことが一般的になっている世の中ですが、英語を生活に支障がない程度使える人はそう多くは無いようです。

では英語を話したり聞いたりすることができない人がどうやって海外ホームステイの日々を過ごしているのか、生活や英語対策など幅広くお伝えしていきます。

スポンサーリンク

英語が聞き取れないのにホームステイはできるの?

結論から言いますとできます!行けます!(笑)

もちろんお金は発生しますが、ホテルや寮、賃貸物件などよりも格安で海外で生活できる住居を確保することができます。

なおかつ本物の自然な英語を身近に感じることができる環境という視点で人気の選択肢の1つになってきています。

英語圏の家族と住むのだからもちろん英語ができないとホームステイもできないのでは?と考えてしまう人が多いのですがそんなことはありません。

英語力がゼロでもコミュニケーションをとりたいと思う意思があれば、海外でのホームステイはできます。

例えば、言葉がなくても分かりやすい顔の表情や動作で笑顔、涙、困り顔、怒り顔、真顔、他にも身振り手振りで伝えるジェスチャーなどを駆使するのです。

大げさにせずとも本当に楽しい時や嬉しい時は自然と笑顔が出ますよね。そして、困った時やわからない時、否定したい時などは手を横に振ったり首を振ったりなど。

このように身振り手振りを使えば簡単な意思表示をすることができます。

そのようなシンプルな表現は、世界共通で言葉が無くても他人に通じるので伝えたいと思う気持ちさえあれば誰でもホームステイをすることができます。

ホームステイ先の家族の特徴やあなたがするべき事

ホームステイ先の家族の特徴と言っても、性格や人間性についてはいろんな家族がいるのでお伝えできませんが、私たちゲストを受け入れてくれるホストファミリーには共通する特徴があります。

それは、異文化交流に興味があることや積極的にどんな人とでも関わることが好きなところです。ホストファミリーになることは強制ではなく自ら立候補して申請します。

自分たちの家が私たちゲストを受け入れるホームステイ先として一家丸ごとホストファミリーになります。

なので人嫌いな人はいません。むしろ逆で赤の他人との生活や異文化交流にとても興味があり、おもてなしをすることが好きだったりととても暖かい家族が多いです。

まれに体験談としてホストファミリーの態度が冷たかったという声も聞くことがありますが、一方的にホストファミリーだけが悪いということはあまりありません。

ゲストの普段からの態度や言動などに問題があることもあります。

なぜ、そのような問題が出てきてしまうのかと言うとその原因の1つは、ホストファミリーを選ぶときにホストファミリーが提示している条件をちゃんと行えているかという所にあります。

  • 条件というのは、お金(家賃や食費がまとまった月払いや前払いのもの)をいくら払うのを条件に受け入れができる
  • 3歳と1歳の子供がいますが子供嫌いでは無く空いている時間にベビーシッターをお願いできる
  • 夜ご飯のみ毎日作ってくれる
  • ハウスクリーニングをしてくれる
  • 英語を教えるかわりにあなたの母国語を教えてくれる

このようにホームステイ先によって様々な条件があります。

その条件を満たしていないまま生活を続けると、それが問題となりホストファミリーもゲストもお互いに、気持ちよく過ごすことができなくなります。

ホームステイ先を選ぶときに見た条件を忘れずに毎日しっかり、さぼらずに続けることが大切になってきます。

さいごに

長々とお伝えしてきましたが、結論は英語が全く話せなくても海外ホームステイに行くことができます。そして海外生活を終える時まであなたが英語を話せなかったとしても暮らすことができます。

ですがそれは「必要最低限の暮らしを海外でおくることができる」という意味です。

あなたが外国人の友達を作りたい、現地で働きたい、自分1人で買い物がしたい、などの色々な目的があるのなら英語を話せることに越したことはありません。

ホームステイのためには、試験に出てくるような難しい英語を勉強しなくても良いのです。

普段あなたが母国語で口にしている会話を書き留めてそれを英語で言ってみるという単純な方法でもきっとあなたの海外ホームステイをより豊かなものにしてくれるでしょう。

スポンサーリンク

-旅行
-

Copyright© キョウミのトビラ , 2019 All Rights Reserved.