生活

フリーターの一人暮らしが入居審査を確実に通るためには?

更新日:

いま実家暮らしをしている大学生です。

大学を卒業したら、いまのアルバイトからもう1つアルバイトを増やして一人暮らしをしようと考えています。

まー、いわゆるフリーターですね。

バイト1つ合わせて15万円くらいの収入を想定していて、借りる部屋は5万円くらいの家賃を考えています。

いまはまだ1つしかバイトしていないので月収はそこまで届きません。

こんな私が入居審査を通るためにはどうしたらいいですか?

スポンサーリンク

フリーターでも一人暮らしの入居審査は通る?

フリーターであろうと、一定の安定した収入があれば部屋を借りることは可能です。ただし、いまのアルバイトの勤続年数が1年未満だときびしい場合もあります。

もし「いまのは半年だけど、その前は2年続けていた」とか、少しでも実績があれば通くなります。

簡単に仕事をやめてしまって収入が無くなって家賃が払えないのは困ります。安定した収入があることが審査に通る重要な要素なのです。

いまの収入次第ですが、もしアルバイトが1つだけだと「もう1つ増やすから大丈夫です!」と言っても貸す側は不安でしょう。

確実に審査を通したいなら、まずはご両親名義で契約するのはどうでしょうか。後のことは、もう1つアルバイトを見つけて収入が安定してから考えます。

では安定した収入が得られるようになったらどうするか。

1つは名義をあなたに変更する。もう1つは名義はそのままで、家賃と同じ額をご両親に渡します。不動産屋への信頼、安心感などを考えれば後者がおすすめです。

これで生活が回るようになれば、次の更新の時や引っ越しのときに晴れて自分名義で借りられます。

スポンサーリンク

バイトだけで一人暮らしはおすすめできない?

家賃の目安は月収の1/3と言われています。それよりバイト代が低いなら、借りる部屋のグレードを落とすことを検討しましょう。

それでも1/3に届かないなら、まずは安定した収入を得る努力を。時給の良いバイトに移るとか、いっそのこと就職するとか。

そうも言っていられない場合もありますよね。

追いかけている夢があって、バイト以外の時間はできるだけそっちに時間をかけたいとか、じつは起業してて軌道に乗るまでは無収入なのかもしれません。

そもそも2つのバイトをかけ持つことで自由な時間が減ります。バイトで気力も体力も削られもします。

よくよく考えてから一人暮らしの計画を実行しましょう。

さいごに

日雇いバイトでもアパートを借りれている人もいますし、保証会社を利用すれば連帯保証人も不要です。

不動産屋も商売ですから、家賃が払えそうにない人は丁重にお帰りいただきたいですよね。

でも、それと同じくらいに契約をとりたいわけです。相談してみると「家賃下げられる?」「アパートでもいい?」「駅から遠くてもいい?」などいろいろ提案をしてくれますよ。

脈ありだと思えば、設備の簡単な追加リフォームを貸主と交渉してくたりする場合も稀にあるので、どんな些細なことでもダメ元だと思って話してみましょう。

入居審査がスムーズに通るといいですね!

スポンサーリンク

-生活
-

Copyright© キョウミのトビラ , 2019 All Rights Reserved.