生活

楽天でんきの20A一人暮らし料金が高いはデメリットじゃない

更新日:

毎日の生活で1円でも節約できるように血のにじむような努力をしている楽天ユーザーほど、すぐにでも楽天でんきにした方が良いとの考えに至りました。

いま20AでENEOSでんきと契約している自分でも、です。

「楽天でんきは一人暮らしでは逆に高くなる」とさんざん言われています。そこはデメリットではありません。

逆です。お金がなくて毎月苦労している人ほど楽天でんきにするメリットがあるのです。

スポンサーリンク

楽天でんきに変更する本当のメリット

楽天でんきにする本当のメリットとは「光熱費の1つ電気代を楽天ポイントで支払える」ことです。楽天をよく使う人、いわゆる楽天経済圏の人ほど、この恩恵にあずかることができます。

ネットにある情報の多くが、このメリットの本当の意味を伝えていません。

いま、自分は一人暮らしです。ENEOSでんきと20Aで契約しています。楽天でんきは30Aからしか契約できないため、どうしても電気料金が高くなることをTwitterでツイートしていました。

スレッド表示してもらえばわかりますが、ENEOSでんきでの過去1年間の電気料金の実績と楽天でんきのシミュレーションを比較しています。その結果、楽天でんきの方が高くなると結論が出ました。

ネットでもさんざん検証されているし、口コミでも一人暮らしの人を中心に電気料金が高くなったと言う人がいるのも事実です。

自分も「たしかにその通りだ、いまのままの方が安いから良い」と納得していました。でも今は考えを改めました。

  • 電気料金が高くなるのはデメリットではありません
  • 楽天ポイントがもらえるのはメリットではありません

その理由は…

楽天でんきでポイントがもらえるのはメリットじゃない理由

楽天でんきでもらえるポイントは微々たるものです。自分の場合は月4,000円程度の電気代ですから、楽天カードを使っても月60ポイント程度です。これぽっち、ぜんぜんお得な感じがしません。

電気料金が50円~100円ほど高くなるので月によってはマイナスになります。だからネットで言われている「楽天ポイントがもらえてお得!」は必ずしもメリットにはなりません。

楽天でんきで電気料金が高くなるのがデメリットじゃない理由

また電気料金が安くなろうが高くなろうが、大きく金額は違いません。電気会社を変えても、使わないようにこまめな節約をしても数十円・数百円でしょう。それが「大きいんだ」という人はいるでしょうけど。

ここに楽天ポイントを充てると、場合によって電気料金がタダになります。

楽天ポイントで支払えば現金が減りませんから「電気料金が高くなる」は必ずしもデメリットではありません。

「ポイントが減るんだから一緒じゃないか?」と思いますか?買い物をするのと電気料金を支払うのは、ポイントが減るのは一緒でも意味がまったく違います。

それはなぜか…

スポンサーリンク

楽天をよく使う人にとって本当のデメリットとは?

楽天で買い物をしていて思いませんでしたが?「楽天ポイントを使って買い物するとポイントが付かないからもらえるポイントが少なくなるからもったいない」と。

お買い物マラソンや0と5の日、通称「市場の日」ことご愛顧感謝デーなどポイントが多くもらえる日を狙って買い物するにしても現金で支払わなければポイントが目減りします。

つまり楽天市場ではポイントで買い物することがデメリットなのです。

ところが電気料金の支払いに充てれば、この目減りを回避できるうえに電気代が0円にできるのでメリットへと変身します。

支払いに充てることで楽天ポイントは減るかもしれませんが、お金は減りません。節約しているのはお金を減らさないためでしょ?一部にポイントで支払う場合も、こまめに電気を消すこれまでの節約より「お金を減らさない効果」は大きいはずです。

現金が残れば買い物でポイントが付くメリットが残ります。また、楽天でんきはSPUが0.5倍になり、楽天市場での買い物するメリットも増します。

楽天ポイント利用して買い物すると獲得予定ポイントが減る?

ポイントを利用すると、その分はポイント付かないと思っていました。でもたしかに獲得予定ポイントがゼロではないんですよね。

特に深く考えていなかったのですが、このツイートに違和感がありました。というか「あれ?ブログ(当記事)に間違ったこと書いっちゃった!?」と焦りました。

ここでははっきり「ポイント付く」とされていますが、自分の認識では「ポイント付かない」だったので困惑。

このツイートのスレッドを見ると、どういうことなのかをわかりやすく説明をしてくださった方がいます。よければ流れを追ってみてください。(Twitterの集合知すごいですね)

自分でも具体的にどうなのか知りたくて、調べてみました。わかりやすく1000円の商品で試してます。

まずポイントを使わなかった場合。

次にすべてポイントを使った場合。

一目瞭然。ポイントを使った場合、赤枠の2項目が消えました。

  • プレミアムカード・楽天ゴールドカード+4倍
  • 楽天銀行+楽天カード+1倍

計5倍の損です。どちらもSPUですね。

ちなみに「ダイアモンド4倍プラチナ3倍ゴールド2倍」というのは、毎月18日にある通称「市場(18)の日」ことご愛顧感謝デーです。これ、意外に知らない人多いみたいですね。

ということで「ポイントを使って買い物をしても通常購入分のポイント1倍は付く」ということがわかりました。

さいごに

楽天でんきに変更する本当のメリットは「電気代を楽天ポイントで払うことで光熱費を大幅に節約できる」ことです。

見た目に電気料金が高くなっても、毎月もらえているポイントの範囲内なら電気代が0円で手元にお金が残るので、結果的に節約できたことになります。

もし電気代が0円になるなら、さんざん言われている「基本料金0円」も「楽天ポイントがもらえる」も「電気代が高くなる」はかすんでしまいます。

現金が残る方が嬉しいじゃないですか。

節約できたお金を楽天市場で使った方が、楽天でんきを現金で支払ってもらえるポイントより多くなる可能性があります。

お金を手元に残したい人は、楽天でんきへの変更を検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

-生活
-

Copyright© キョウミのトビラ , 2020 All Rights Reserved.