初節句の五月人形は誰が買う?買ってもらったらお返しはどうする?

公開日: : 最終更新日:2016/12/26 イベント

df5d6b8df2a434cb4b3d3bc215338989_s

五月人形や鯉のぼりを買うのは誰が良いか悩んでいませんか? 母方の両親、父方の両親、そしてあなたたちご夫婦、それぞれの思いがあって円満な解決が意外に難しい場合もあります。

しかも買ってもらったらお返しは必要なのか、どのくらいの金額をお返ししたらよいのかでまた迷う。若い夫婦でマナーについてもはっきりわからないことだと困ってしまいます。

その辺りをサクッと解決してしまいましょう!

スポンサーリンク

初節句の五月人形は誰が買う?

男の子の初節句に五月人形を買う時には一般的には母親と父親どちらのサイドの実家が買うべきなのか、両家のトラブルを避けるためにも知っておきたいものですね。

一般的には女の子のひな人形と同じく、母親の実家が買うものだとされていますが、必ずしもそうしなければいけないという決まりはありません。父親の実家が買うという場合も多くみられます。

地域差も見られ、関東では女の子の節句は母親の実家が担当して、男の子の節句は父親の実家が諸々のものを買い揃える傾向があり、関西ではどちらも母親の実家が担当する傾向にあります。

現在では経済的な事情や父方の実家も孫の初節句の為になにかしてあげたいという気持ちを汲んで、五月人形の料金を折半したり、こいのぼりはこちらの実家が、五月人形はもう片方の実家がという具合に分担する場合も見られます。

また祖父母には負担をかけたくない、自分の子供には自分たちが選んだ五月人形を買ってあげたいという理由で夫婦が買う場合も増えています。

祖父母と両親で人形の好みが食い違う場合に等の例もありますから、今後このパターンは増えていくかもしれませんね。

五月人形はいつ買う?

誰が買うにしても気になるのは、買うタイミングです。五月人形や鯉のぼりの飾りつけは春分の日から始めるのがいいとされていますが、人形を買うタイミングはいつごろからなのか知らない人もいるかもしれません。

参考:五月人形はいつから飾る?飾る方角に決まりは?場所がないときは?

人形屋さんでは3月のひな人形のシーズンが終わると五月人形のプロモーションが始まり、3月中旬ごろには店頭に五月人形が展示されるようになります。人形は写真で見るよりも実物を見た方が良さが分かりやすいですから、直接出向いていくつか吟味してみるといいでしょう。

お店で買う場合は、品質面で信頼できる専門店か百貨店で買うようにするのがおすすめです。専門のアドバイザー資格を持っているスタッフがいるとなおいいですね。

実際の購入は、店頭の場合とネット通販の場合で価格やサービスが違ってくる場合があります。気に入ったものを店頭で見つけてネットでも同じものを探す手間をかけるのもコツの1つです。

ただし五月人形は膨大な種類がありますし、人気のあるものはすぐに完売してしまいますから、欲しいタイプの人形を確実に手に入れたいなら早い方がいいですよ。三月中頃から四月の初め辺りを目安にお店で直接見てみましょう。

スポンサーリンク

初節句の五月人形を買ってもらったらお返しは必要?

母方、父方、どちらかから五月人形や鯉のぼりを買ってもらったり、お祝いをいただいたら、そのお返しをどうするか悩むところです。

買っていただいたとしたら、五月人形や鯉のぼりを見ながら手料理を振舞うことで初節句を迎えたお孫さんとひとときを楽しんでもらうのが、おじいちゃん、おばあちゃんにとっては何よりのお返しになるのではないでしょうか。

お祝いをいただいたときのお返しにも、ただ品物を贈るのではなく外食でも良いので食事会を設けるなどして一緒にお祝いするのが喜ばれます。お孫さんも同席して、記念写真を撮るなどしてもよいでしょう。

最後に「内祝い」ののしをつけたお菓子などの手土産を添えると喜ばれます。孫の写真入りメッセージカードを添えるのもおすすめです。

そのような席を設けることができない場合には、お祝いでいただいた金額の1/3から半額程度に収まるお返しを贈ると良いですよ。

ご両親であれば、直接どのようなものがよいのか、意向を聞いてみてもよいかもしれません。また、親戚の場合には、それぞれのご両親に確認してから商品を選ぶのがおすすめです。

お子様の写真や近況を記した手紙を添えて、お祝いの日から2週間以内に届くようにしたいものです。
参考:お祝いとお返しと内祝いの違い?何を贈るそれともいらない?

さいごに

孫の初節句の為に五月人形を買ってあげるのは祖父母ならではの醍醐味の1つです。最近では両家で折半したり、祖父母ではなく子供の両親が買ったりと五月人形の買い方も変化しています。

誰が買うことになったとしても、初節句は笑顔で祝ってあげたいものですね。

こちらの記事も参考になります。
鯉のぼりは雨の日も飾りっぱなしOK?意外に大変な現実が…

スポンサーリンク
follow us in feedly

関連記事

関連記事

五月人形はいつから飾る?飾る方角に決まりは?場所がないときは?

五月人形は、その名前から5月になって飾るようなイメージを持っている人がいるかもしれませんが、

記事を読む

お花見デートで失敗せずに上野公園の桜をゆっくり楽しむには?

春のデートの楽しみの1つは、花見でまったりカップル気分というのがありますね。関東の人気お花見

記事を読む

クリスマスプレゼントを聞き出す方法と子供が予算より高いお願いをしたときの対処

サンタクロースを信じている子供へのクリスマスプレゼントは、誕生日と違って直接に「何が欲しい?

記事を読む

入学式にコサージュに必要かなぁ本来の意味って何だっけ?

子供の入学式のとき、母親としての服装には気を使いますよね。その中でよく悩みとして挙がってくる

記事を読む

東京の花見がいつまでか桜の開花と満開までの日数でわかる

桜が満開を迎えると、散ってしまうのはあっという間じゃないですか。花見の予定は早めに計画しない

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑