生活

つわりで家事したくないは気持ちの問題?前向きになれないのが激変!

更新日:

つわりの時って妊娠前には出来ていたことが出来なくなってしまいませんか?気持ちが乗らない、体が重くて何もできない時に「なんで出来ないの?」と、自分を責めてしまいませんか?

私もずっと、自分を責めて責めて、苦しみ悩んでいました。毎日、吐き気と眠気とだるさとの闘いです。

  • 布団から起きられない、起きるけど結局コタツで寝る
  • 洗濯物は山積みになる
  • 部屋は埃まみれ
  • 汚れたお皿は溜まっていく一方

家族以外の誰とも会いたくないし、体がだるいので家からも出られません。同じ妊婦のあの人は、バリバリ仕事や家事をしてるのに、それに比べ私は...堕落した生活を送る自分を責める毎日。「はぁぁぁ〜〜」とため息ばかり。

思い悩んでいた私は、救いを求めて相談相手を探しました。その人のたった一言でイヤな自分と仲良くできるようになったんです。

ウソのような本当の話し。聞いてくれますか?

スポンサーリンク

つわりで家事なんかしたくないを救ってくれた相談相手

どうしようもなく思い悩んでいたあの時期、私は救いを求めて相談相手を探しました。たくさんの方を救い、癒してきた方とたまたまご縁があり相談してみることにしたのです。

会ったこともない、話したこともない方。

「自分に自信がないし、嫌い。自分なんかいる意味がないと思ってきた。
でも、変わりたい。好きになりたい」
「家事や仕事が満足に出来ない、ただただ眠いしだるい。
私、ここにいる意味ある?」

こんな主婦失格のような悩みを、知り合いに相談する勇気がなかったのです。でも勇気を出して素直な気持ちを打ち明けると、相談相手は応えてくれました。

「家事や仕事はしなきゃいけないと、厳しい自分ルールで縛ってない?
出来ないときはしなくていいんだよ。」
「人はみんな、生きているだけで愛される価値がある。」
「自分の心と体の声に素直に従って。」

と。それから、こう続けたのです。

「特に、つわりで体が重いとか、眠いとか、何もしたくないと感じるのは、赤ちゃんがお母さんに休んで欲しい時だから、休んであげてね。」

私は驚きを隠せませんでした。

だるかったり眠かったりしたのは、怠けが出たと思い込んでいたようです。赤ちゃんが、私に休んで欲しいと思ってくれてる。なんて優しいのでしょう。

それからは、相談相手が言った「自分の心と体の声に素直に従う」を実践してみました。

つわりは気持ちの問題でどうにでもなる!?

自分の心と体から、たくさんの声が聞こえてくるではありませんか。

「今だるいから休もうよ。」
「ポテト食べたいな、食べようよ。」
「人と話したくない、家で寝てよう?」
「本が読みたいな」

しばらく休息の欲求と食欲、好きなことだらけだったのが、
なんとこんな気持ちが出てきたのです。

「息抜きもしたし、家事も仕事もいっちょやったるか!」

そこのあなた、「自分のさじ加減では?」と思ったでしょ!違いますよ、違いますからね!!(大事だから2回言いました)
自分の心と体の声が聞こえなかった時は「仕事と家事やらなきゃ、嫌だ嫌だ、嫌だーーー!」と後ろ向きだったのが自分の心と体の声を聞き従うようになって心と体が満足をした今は

「いっぱいやりたいことした後は、仕事と家事もやろうかな!」

と前向きに変わったのですから!心が癒された気持ちです。ずっと、自分の心と体の声を更には赤ちゃんの声までも無視していたとは。私自身と赤ちゃんに謝りました。

そこで私は、ハッとしました。

私のお腹の中には赤ちゃんがいる。私がいる意味、あるじゃない!

スポンサーリンク

私の宝、家族の宝、この世の宝。お腹の中で赤ちゃんを大事に育てていることは誇るべきことなのです。「人は生きているだけで愛される価値がある」相談相手の言葉を思い出しました。

赤ちゃんは、お腹にいるだけで、生きているだけで愛されています。全ての人が赤ちゃんだったことを思うとみんなみんな、愛される価値があることになりますね。「自分が、愛される価値のある人」と思えるようになった今は、こんな風に思えるようになりました。

「私に何ができるかな?」
「私が癒されたように、たくさんの人を癒したいな。」

これまで「家事も仕事もだるくて出来ない、あの人に比べて私は何も出来ない。なんて情けない。」なんて風に自分を責めて、人と比べていた私。それが

「休んで満足した後に仕事をやる、でいいじゃん。」や
「私にしかできないことって何だろう?」

と自分は誰かの役に立つことが出来ると思える日々に変わったんですよ。
驚きです!私自身のことですが、正直こんなに変わると思っていませんでした。

さいごに

つわりの時って、妊娠前は出来ていたことが出来なくなるからついつい自分を責めてしまいますよね。でも、自分の心と体の声を聞いてみてください。赤ちゃんの声にも耳を傾けてみましょう。

「今は休んでね」と言っているのが聞こえるはずです。その声に聞き、従うとそのうち「動いてみようかな」という声が聞こえてきますよ。

聞こえてこなくても、責める必要はありません。あなたの宝、家族の宝、この世の宝を大切にお腹の中で育てているのですから。

こちらの記事も参考になります。

正産期の不安 助産師の一言で陣痛が楽しみに変わった!
つわりの辛さわかってもらえないストレス一転 夫婦の時間を楽しめた方法
つわりの吐き気の乗り越え方 歯磨き中の吐き気もストレスなし
インフルエンザ予防接種は妊婦OK?市販薬は?胎児への影響は?

スポンサーリンク

-生活
-

Copyright© キョウミのトビラ , 2018 All Rights Reserved.