生活

妊婦は生卵食べても大丈夫かな 食べる方法あるなら知りたい

更新日:

妊娠すると食べ物の好みが変わって、それまで食べられていたものがダメになったり、逆に無性に食べたくなることがありますよね。そのほかにも「これ妊娠中に食べていいの?」と疑問に思うものもあります。

私が迷った食材の1つが生卵です。妊娠前は玉子かけご飯が大好きでよく食べていました。でも、あるとき妊娠してから食べようと思って手に持った卵を見て「生だしな…食べていいんだっけ?」と考え込んでしまいました。

普段なら、玉子は完全食品ですから「食べ過ぎなければ積極的に食べるべき!」と思うはずです。ナマは食べても良いのでしょうか?子供が生まれるまでは大好物の卵かけご飯は禁止なのでしょうか?

私にとって切実な問題なのです!

スポンサーリンク

妊婦は生卵食べても大丈夫なの?

卵はたんぱく質が摂れるので、赤ちゃんにも栄養がいき食材としては優秀です。であれば、一日あたり妊婦がどれくらいの卵を食べても良いのかという疑問がわいてきますが、これと言った基準はありません。すべての食べ物に関して言えますが偏った食べ方は体に良くありません。食べ過ぎたと感じたら、翌日は控えるなどの調整をしましょう。

さて、卵を食べてはいけないということはありませんが、調べてみたら生卵には注意が必要だということがわかりました。卵かけご飯を毎日食べても問題ない、実際に食べている!という妊婦さんもいます。

日本では出荷する前に消毒処理をしているのですが、卵ごく稀にサルモネラ菌に侵されている場合があります。また、賞味期限を過ぎていたら危険度は増します。いや~健康なら5日くらい過ぎてても「ま、いっか」なんですけどねー。

サルモネラ菌は赤ちゃんに直接悪影響を及ぼしたりはしませんが、万が一食べて食中毒になると嘔吐や吐き気を引き起こします。私自身も健康な状態であれば全く気にもせずに生卵を食べていたのに、妊娠中は免疫力が落ちやすいので我慢しました。

食中毒になっても困りますし、第一は自分も赤ちゃんも健康な状態でいたいですからね。お腹に赤ちゃんがいて大変な時期に、更に体調が優れないとなると精神的にもつらいでしょう。

特に妊娠初期は、胎児が形を作る大切な期間です。産婦人科でお医者さんに相談してみるのが、安心できる一番の方法でしょう。その上で、赤ちゃんの形がわかるまでは、お母さんのお腹の中は目まぐるしく変わるので安定する間だけでも「生卵は食べない」と自衛手段をとっても良いかもしれません。

妊婦が卵を食べるにはどうしたらいい?

生卵を避けたとしても、よく加熱して食べるのであれば問題ありません。東京都福祉保健局の情報によると、サルモネラ菌は75℃で1分以上加熱すれば死滅します。「半熟だからおいしさを感じるのに」とは思いますが、ここはグッとがまんですね。

また、冷蔵庫に入れ忘れた常温の卵は菌が繁殖しているので、口にするのであれば冷蔵庫から取った卵をすぐに調理して下さい。加熱した料理も時間が経つと食中毒になる可能性があるので、作ったらすぐに食べましょう。

安全な卵を食べるために、賞味期限はしっかり守り使用済みの卵の殻はすぐに捨てるなど注意してください。殻をその辺に置いといたまま、口を付ける食器や食材に殻が触れてしまうと菌がついてしまいます。いや~めんどくさいですね。でも母体と赤ちゃんの身を守る為です。

食べる卵料理はすべて火が通っていますが、精神的に安心しますよ。私も実際、卵かけご飯や半熟目玉焼き、すき焼きに付けて食べることも出来なくなりましたが「大丈夫かな」という不安を感じることなく安心して口に付けることができます。

加熱しても栄養は豊富なので産まれるまでの辛抱です。卵料理のレパートリーを増やすためにたくさん勉強して、かに玉丼やたまご春雨スープなど今では多くの卵料理を作れるようになりました。

スポンサーリンク

注意すべきこと

卵は冷蔵庫で保管しましょう。サルモネラ菌は温かくなると繁殖するので、購入した卵はすぐに冷蔵して繁殖を防いでください。そして、一度割った卵は時間が経つにつれて菌が繁殖するので、すぐに食べなければいけません。

落としてしまったり、ヒビが入っていた卵は絶対に食べてはいけません。割るときに使った食器も、菌の繁殖を防ぐためにも早めに食器洗剤で洗いましょう。

冬は気温が低く食中毒も少なく感じますが、夏に食べるのはやめておいた方がいいです。菌の繁殖スピードも早いので、リスクが高いです。また、外食をした時の生卵はやめましょう。店の保管状況も分かりませんし、鮮度もはっきりしていません。自分の体を一番に考えて、誘惑に負けないでください。

さいごに

妊婦の体に生の食材は、悪影響を及ぼす可能性が高いのでできる限り避けてください。私は大好きな卵かけご飯や半熟卵も妊娠中は禁止していました。気にしはじめたらどこまでも疑ってしまいますが、注意すれば避けられる危険に飛び込む必要もありませんよね。

生の食材でいうと「生ハム」や「馬刺し」、「ユッケ」のような美味しい食べ物も我慢をしなければいけません。特に、食材によっては菌の強さが半端なく強いものがいるので、食中毒になってからでは遅いです。最悪、早産や流産をしてしまう可能性もありますし、感染した菌の種類によっては胎児に影響が出る場合があります。

悪阻か食中毒か区別ができないときは下痢が3日間続いていないか確認してください。思い当たる人は、すぐに病院で診断を受けましょう。私の友人も妊婦時代に食中毒にかかり、激しい腹痛でトイレに籠りながら嘔吐して「フラフラしてどうにかなりそうだった」と言っていました。

そんな話を聞くと、避けれるものであれば避けたいと思いますよね。下痢や嘔吐は重症化すると発熱や脱水症状も出てきます。妊婦は薬も安易に飲むことができないので、甘く考えるのではなく自分の身は自分で守りましょう。

スポンサーリンク

-生活
-

Copyright© キョウミのトビラ , 2018 All Rights Reserved.